【敏感肌】スキンケア化粧品-肌の悩みで選ぶシリーズ④

⭐特集記事案内⇒化粧品トライアルセット【2020Best15・年代別詳細】フラバンジェノール・ライスフォース・KOSE米肌・ヒフミド・POLAB.A&モイスティモ・ノブlllなど口コミ人気激選セレクト♪

自分の肌に合う化粧品を見つけて、より効果的なスキンケアをしたいというのは誰もが思うことです。そのためにはまず、自分自身が本当はどんな肌質なのか、またその肌質の特徴をきちんと理解する必要があります。

敏感肌はバリア機能が低下し保湿を保てない

たとえば敏感肌と呼ばれるのは、肌本来が持っているバリア機能が低下した状態の肌で、外部からの刺激を受けやすい肌質のことです。

肌本来が持っているはずのバリア機能が低下しているために肌の水分を十分に保つことができないので、肌が自然の潤いでたっぷりと満たされた健康的な肌と比べると、紫外線や肌につける化粧品などの外的な刺激に敏感な反応を示すのが特徴です。

外的刺激に弱く紫外線で湿疹がでることも

毎日のお手入れに使用するスキンケアアイテムでも、肌につけた瞬間に肌がピリピリとした刺激を感じたりかゆみが出たりすることがあり、さらに紫外線のダメージを肌がダイレクトに受けやすいなどの症状が感じられます。

具体的には紫外線をあびると湿疹がでてしまったり、肌が乾燥しやすく突っ張ったりがさがさとした手触りになったりするケースもあります。

敏感肌症状は人によって条件が違う

それまで特に問題なく使えていた化粧品が、ある日突然ピリピリとした刺激を感じたり赤味やかぶれなどの症状が出てしまうようになることも珍しくありません。

ただし、常にこうした敏感肌の症状が感じられる人もいれば、例えば生理前や季節の変わり目などの様々な条件がそろった時だけ肌が敏感になるという場合もあります。

敏感肌スキンケアコスメの見つけ方

化粧品選びをするときに自分の肌に合うものを見つけたくても、肌が敏感な人にとっては選び方にはより慎重になりがちですね。

ちょっとしたことにも様々な反応が出てしまうような敏感肌の人にとっては、自分の肌に安心して使えるものをなかなか見つけにくいという悩みを持つ人が少なくありません。

それでは、自分に合う敏感肌用の化粧品を選ぶヒントは何でしょうか。

イメージだけでは選ばない。

スキンケアを行う際には、人によって目的も違うでしょう。美白効果を期待してたり、保湿効果を重視していたりと、人によって期待する効果が違うのです。

もちろん敏感肌の基礎化粧品を選ぶ時には「敏感な肌のためのもの」、あるいは低刺激性のものを選ぶことが大切になりますが、その時に注意することがあります。

それはイメージだけでは選ばないことです。

肌の敏感な人が安心して使える化粧品を選ぶ時、肌に優しい、天然成分だけでできているなどのキャッチフレーズがあると、なんとなく敏感な肌にも安心して使えるのではないかというイメージを持ってしまいがちです。

製品に入っている添加物を確認する。

肌が敏感になっているのは何らかの原因によって肌のバリア機能が低下しているのが原因のため、基礎化粧品を選ぶ際にはまずはその製品にどんな添加物が配合されているかに注意して選ぶことが大切です。

肌が敏感な人は特に化粧品トライアルセットなどを上手に活用して、自分の肌に合うかどうかをチェックしてから購入するのはもちろんですが、化粧品お試しセットのなかに、肌に刺激を与える、あるいはアレルギーの原因になる可能性があるような成分が配合されていないかどうかを確認してから選ぶ必要があります。

具体的には合成香料や合成着色料、鉱物油など配合のものは避ける。

具体的に化粧品に配合されている成分で該当する主なものは、合成香料や合成着色料、鉱物油やアルコール、界面活性剤、パラベン、紫外線吸収剤などの成分があげられます。

こうした成分は多くの化粧品に添加されているものですが、肌が敏感な状態の人にとっては刺激になる可能性があるといわれています。もちろんこうした成分がすべて肌に敏感な反応を起こさせるというわけではなくても、敏感肌が気になる人はこれらの成分が添加されているものは避けるのがおすすめです。

保湿成分としてのセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など配合のものを選ぶ。

また、肌のバリア機能の低下によって肌の内部の水分保持能力が低くなっているため乾燥気味な肌の場合、基礎化粧品には保湿効果を高める成分が配合されたものを選ぶのもポイントの一つです。

保湿成分として基礎化粧品などに配合されている代表的な成分には、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などがあります。

そのほかにも保湿効果の高い植物性油脂や植物エキスなどがあげられるのですが、せっかく化粧品トライアルセットを手に入れるのならまずは自分の肌にとって必要とされる成分と、避けたほうが良い成分にどんなものがあるかを知って商品を選ぶことが大切です。

➡おすすめの敏感肌化粧品・下記の特集のなかで詳しく説明しています。よかったらご参考に。
化粧品トライアルセットBest15詳細【2020・年代別】&スキンケア基礎知識~潤いの幸福感を!

敏感肌の方の化粧品トライアルセット活用のヒント

敏感肌向けの化粧品トライアルセットが増えて来ています。化粧品トライアルセットを活用すれば、自分の肌に合っているかを試してから化粧品の購入を行うことが可能となります。

お試しセットの一般的な魅力とは

メイク落としから洗顔、基礎化粧水や保湿に至るまで、メイクに関する一連の流れを試せる化粧品がセットになっているのが、トライアルセットの魅力です。

お試しセットといっても、すぐに使い切るものではなく、製品によっては一週間以上にわたって使用できるものもあります。じっくりと使ってみてから自分の肌に合っているかの確認ができます。

また一定期間にわたって使ってみて肌に合わないと感じた場合には、別のトライアルセットに移ることができます。

肌への徹底した優しさがあるか…

化粧品トライアルセットを選ぶ際には、肌への徹底した優しさが検討されているかが大切です。

敏感肌の方は、乾燥によるくすみや肌のハリの低下が生じやすくなります。トライアルセットに含まれている化粧品の成分が無添加であることは勿論のこと、天然成分を主に構成されていることが大切です。

また、敏感肌の方がを購入する際には、パッチテストを行うのも良いでしょう。利用を考えているトライアルセットが、どのような効果をもたらしてくれるかも含めた製品選びをしましょう。

購入の仕方は通販が便利

化粧品トライアルセットの購入は、コスメ系の通販サイトから申し込むことも可能です。多くのスキンケア製品が紹介されている比較サイトから、自分が目的とするコスメ製品のトライアルセットを選ぶことができます。

使い方の手順や使用量などを守る。

化粧品トライアルセットを手にいれたら、自己流の使い方をすることなく、使い方の手順や使用量などをきちんと説明書を読んで理解したうえで正しい使い方をすることが鉄則です。

いくら良い製品であっても自己流の使い方をしてしまったために、せっかくの肌への効果が実感できないことも考えられるので必ず正しく使うことを心がけましょう。

症状の出方によって対処の仕方を変える

敏感肌といってても症状の出方は人それぞれで異なります。例えば我慢できないくらいの強いかゆみが続くような場合は、いくら低刺激な化粧品といっても肌に悪影響を与えることも考えられます。

アトピー性皮膚炎などの疾患の可能性もあるため、強い症状がある場合にはスキンケア製品を選ぶ前に、まずは専門の医療機関を受診することも考えましょう。

強い症状が特にみられるわけではないけれど、ちょっとした刺激にも敏感に反応する肌質なのであれば、まずは刺激の少ない製品を選んでシンプルなお手入れをすることがおすすめです。

➡おすすめの敏感肌化粧品・下記の特集のなかで詳しく説明しています。よかったらご参考に。
化粧品トライアルセットBest15詳細【2020・年代別】&スキンケア基礎知識~潤いの幸福感を!

参考記事➡【ノブACアクティブお試し】乾燥肌・敏感肌用化粧品NOV大人にきびに!~たっての願いの叶え方