新学期が始まるにあたって小学校や幼稚園の入学・入園準備で鍵盤ハーモニカが必要になってくる時期ですね。

ちなみに鍵盤ハーモニカよりも「ピアニカ」や「メロディオン」といったメーカーの商品名のほうが一般的には馴染んでいる名称なんですよね。

そんな鍵盤ハーモニカですが、入学準備においては吹き口のみを買って授業の際には学校の備品である鍵盤ハーモニカを借りるケースもあるので必ず必要になるわけでもありません。

学校でも購入できますが、学校で買うと5000円~の場合が多く、鍵盤ハーモニカは低学年の時にしか使わないケースもあるので勿体ないと思う方も多いようです。(学校によっては必須として型番で指定される学校もありますし、幼稚園から6年生までしっかり使う場合もあります。)

この記事では、それでも「自分用の鍵盤ハーモニカを買ってあげたい」という方に鍵盤ハーモニカの選び方やおすすめ商品について紹介しているので参考にしてくださいね。

鍵盤ハーモニカの選び方について

鍵盤ハーモニカと言っても様々な種類があります。
島村楽器のような楽器店に行くとそれこそ種類の多さにビックリするでしょう。
子供用ではありませんが、木製の鍵盤ハーモニカもあるんですよね!

ただ、入学準備で必要な学校で使う鍵盤ハーモニカの種類は決まっています。
鍵盤数は「32鍵」、音域は「アルト」の鍵盤ハーモニカが一般的です。

YAMAHAのピアニカやSUZUKIのメロディオンのようなメーカー品の場合は定価価格になります。

学校や島村楽器などで購入する場合です。しかし、楽天やAmazonなどの通販ですとマイナス2000円ぐらいで鍵盤ハーモニカが購入できます。

今回は通販サイトで人気の鍵盤ハーモニカを紹介しましょう。

YAMAHA ピアニカ P-32E

32鍵盤ハーモニカ P-32E ブルー

学校で使われる鍵盤ハーモニカの定番として人気なのがヤマハのピアニカですね。おそらく型番指定がある学校だとほとんどがピアニカではないかと思います。アフターサポート体制が充実していて、通販などでも保証が付いているケースが多いので安心して利用できるという意味でもおすすめです。

楽器屋さんや学販で買うと5000円以上しますが、Amazonだと本体のみが5000円以下で買えるので保証なども含めて兄弟で使い続けさせたい場合などにいいかもしれませんね。楽天市場のアラバスタミュージックというショップでは7年間の保証が付いています。

ピアニカとメロディオンの違い

32鍵 パステルピンク MXA-32P 軽量本体 ハードケース

鍵盤ハーモニカを通称名で、「ピアニカ」と言う方と「メロディオン」と言う方がいらっしゃるかと思いますが、この違いはなんでしょうか。

「ピアニカ」はYAMAHAが発売している鍵盤ハーモニカ
「メロディオン」はSUZUKIが発売している鍵盤ハーモニカなんです。

プロのミュージシャンも多く愛用していて、種類がとても多いのが、スズキの鍵盤ハーモニカの「メロディオン」です。

⭐ピアニカとメロディオンともに、学校なとで広く普及していて素晴らしい鍵盤ハーモニカですが、メーカーによって吹き口が違うので確認して使いましょう。

ちなみにAmazon・楽天で続く人気なのがKC(キョーリツコーポレーション)の鍵盤ハーモニカです。
人気の理由としては、カラーバリエーションが豊富(19色)なので子供が好きな色の鍵盤ハーモニカを持たせてあげられる点や、充実した付属品でしょう。ドレミファソラシドと鍵盤に貼れるシールも付いています。
こちらは中国製です。やはり定評のある日本製がいい方はヤマハのピアニカやスズキのメロディアをお勧めします。

鍵盤ハーモニカのケースや吹き口も通販で買える

鍵盤ハーモニカ本体は上記で紹介したようにSUZUKIやYAMAHAが優れているでしょう。

冒頭で紹介したように吹き口だけ買って、学校の鍵盤ハーモニカを借りる場合は、学校で使っている鍵盤ハーモニカの型番をチェックしておきましょう。(拭き口はメーカーや型番ごとに違うので。)

その他にも鍵盤ハーモニカのケースのみも通販で売っています。
こちらはどのメーカーの鍵盤ハーモニカでも32鍵であれば入るタイプもあります。

➡【楽天市場】鍵盤ハーモニカケースのみの一覧
➡【アマゾン市場】鍵盤ハーモニカケースのみの一覧

さいごに

入学準備で必要になる鍵盤ハーモニカについて調べてみました。

幼稚園から小学校6年生まであらかじめ長期間使うことがわかっている場合は、他にも多くのメーカーがありますがSUZUKIやYAMAHAのピアニカなどで保証があったほうが後々安心かもしれません。

意外と途中で鍵盤ハーモニカが壊れてしまうこともあるみたいなので。

10月人気記事一覧