携帯できる電源」として、アウトドアや非常時に大活躍するポータブル電源。ポータブル電源とは、バッテリーが内蔵されていて電気を蓄え、外部の機器に電力を供給することができる機器です。

ポータブル電源どこで買える?お勧め製品もご案内。

まずは買う前に[ポータブル電源ってどこで買えるの?どこで売っているの?]という疑問が・・・。そこでポータブル電源が売っているホームセンターや家電量販店を中心に、店頭販売で置いてある売り場や確実に購入できる販売店、または賢い買い方としての通販利用についてまとめました。

また[ポータブル電源日本製の電池容量別おすすめ]も掲載しています。ご購入においてのご参考にしていただければ幸いです。

ご参考***人気メーカーや製品の詳細は➡ポータブル電源日本製【2021年断トツ人気5メーカー&製品ガイド】
(関連ページ➪ポータブル電源日本製正弦波のおすすめ&選び方マニュアル)

ポータブル電源を買うなら 通販>家電量販店>ホームセンター

☆彡ポータブル電源はどこで買えるのだろうか?イメージだけどポータブル電源ってホームセンターに売ってそうな感じがするけどどうなの?

確かにポータブル電源はホームセンターで売ってる場合もあるけど、実店舗で買うなら家電量販店のほうがおすすめ!

調べてみると、ホームセンターで言えば「コメリ」や「ジョイフル本田」などでポータブル電源の取扱いがあることがわかりました。

実店舗なら家電量販店。ホームセンターは発電機が多い。

コーナンやロイヤルでも一時期はポータブル電源の取扱いがあったのですが、ホームセンターはポータブル電源よりも発電機の取扱いが多く、ポータブル電源を買うには不向きです。 (取扱いがあったとしても選択肢が少ないので・・・)

なので実店舗でもホームセンターに行くのはオススメしません。 ホームセンターよりも家電量販店がオススメです!

家電量販店では、人気のビックカメラやヤマダ電機を始めとした複数の店舗でポータブル電源の取扱いが確認できました。 店頭で買いたい場合はお近くの家電量販店に行きましょう!

家電量販店・ポータブル電源の売ってる場所は?

家電量販店の売り場と言っても、お店によって違うので一概には言えませんが、

・DIY売り場 ・防災グッズ売り場 ・バッテリー売り場

上記の売り場に置いてある可能性が高いです。

ポータブル電源どこで買える?一番は安くて便利なのは通販利用

とは言え、最近は通販でも売っているので普通にAmazonや楽天の通販で買ったほうが選択肢も多く、安くて便利だと思います。

⭐よく売れているポータブル電源

➡よく売れているポータブル電源【楽天】
よく売れているポーターブル電源【Amazon】

ポータブル電源日本製使用目的・電池容量別】

では次に、2021年ポータブル電源の 「使用目的に合わせた電池容量別おすすめ」を掲載します。

ポータブル電源日本製~「夜釣り」200Wh~300Whぐらい

夜釣りなどの容量は通常200Wh程度あれば大丈夫でしょう。夜釣り用の充電ライトは10Wぐらいであり、250Wの電力容量でも一晩はかなりの余裕があります。

ポータブル電源の重さは1~8kg程度が普通で、大は小を兼ねることもありますが、持ち運びなどの利便性を考える必要がある場合は、使用目的と照らし合わせて、最適なものを選ぶことも必要でしょう。

ちなみに、ポータブル電源は、電力容量が大きくなるほど高価となり、重くなります。

大容量 家庭用蓄電池 80000mAh/296Wh AC(300W 瞬間最大600W)/DC/USB出力 純正弦波 4WAY充電方法 PD100W双方向充電 高輝度ライト付き ソーラー充電 車中泊 キャンプ アウトドア 防災グッズ 停電対策 防災製品等推奨品

ポータブル電源日本製~「ピクニック・庭先」300~500Wh ~

ピクニックなどで必要となる家電製品は、スマートフォンやパソコン、小型の扇風機、車載用の冷蔵庫(小型ポータブル冷蔵庫の消費電力が30W)、電気毛布(40W程度)、電気ストーブ、電気ケトル(アウトドア用の消費電力が180W程度)などでしょう

こちらも個人差がありますが、車から持ち出して女性の力でポータブル蓄電池を運ばなければならないシーンなども考えると、重量は5kgくらいまでで300~500Whの容量が必要でしょう。

ただし、次の災害時の時の使用も考えるならば、できる限り重量は軽く大容量のものを選ぶことも必要です。

PSE認証 / 90Wカーチャージャー急速充電可能 / 出力ポート×7】防災 アウトドア・キャンプ用・防災グッズ・予備電源

ポータブル電源日本製~「キャンプ・車中泊」500Wh以上~

ポータブル冷蔵庫(単体使用で50W・8~9時間連続使用可能)や扇風機、電気毛布(単体使用で70W・7時間ぐらい連続使用可能)なども快適に動く必要がありますので、最低でも500Wh以上の大きなものを選ぶ必要があります。

重量が重くなりますが、車に積んだままの使用を考えるか、キャスタ-付きのものを選べば問題はないでしょう。

500Wh以上になってくると、小型テレビなどの接続など、飛躍的に用途が増えてきます。

【圧倒的な高評価レビュー1700件超!】 ポータブル電源 626Wh 車中泊 大容量 174,000mAh ポータブルコンセント 防災 蓄電池
たっぷり大容量 容量626Wh アウトドア キャンプ 防災 車中泊

ポータブル電源日本製~大容量「災害の備え」1000W近く~

災害時に備えには、1000wクラスの大容量のものが必要になります。

約3日から4日くらいの停電でも過ごせるかどうかがポイントですので、ソーラーパネルなどの充電システムも合わせて、用意しておくとよいでしょう。

ポータブル冷蔵庫(単体使用で50Wなら18時間連続使用可能)、テレビ(単体使用で60Wなら15時間連続使用可能)となります。

コヨーテタン (1000Wh / 278,400mAh)【純正弦波 / AC出力1000W(最大2000W) / 電圧100V 日本仕様 / 入力電圧12-30V 広範囲】大容量 蓄電池 キャンプ アウトドア 車中泊 非常用電源 防災 地震 停電 正規保証2年
超大容量 278400mAh/ 1002Wh アウトドア キャンプ 防災 車中泊 ソーラー充電 キャンプから防災まで幅広く活躍 キャンプ アウトドア 防災グッズ 災害 停電時に 非常用電源 24ヶ月保証

➡よく売れているポータブル電源【楽天】
よく売れているポーターブル電源【Amazon】

ポータブル電源を販売店や量販店・通販などから購入する時の基礎知識

ポータブル電源とモバイルバッテリーとの違いは?

ポータブル電源はモバイルバッテリーよりは大容量であり、複数の出力ポートに接続できるのが特徴です。

・モバイルバッテリーは、最大でも2~3万mAh (30,000mAh)くらいまでの電力容量。USB-A・USB-CなどのUSB接続などが普通です。主にスマホに適用されている製品。

・ポータブル電源は200~1000 Whまたは、40万mAh (〜400,000mAh)くらいまでの電力容量。USBだけではなく、シガーソケット・DCポート、そしてAC出力を備えています。スマートフォンなどのモバイル製品はもちろん、パソコンや扇風機、電気毛布、小型の冷蔵庫などの家電へ電力を供給できます(容量によっての違いがあります)。

〇mAh(ミリアンペアアワー)とWh(ワットアワー)の関係

・モバイルバッテリーの容量を表す単位はmAh(ミリアンペアアワー) mAh(ミリアンペアアワー)は、ためている電力をもし1時間で全部放出するなら、どのくらいの電流を流せるかです。

・ポータブル電源はWh(ワットアワー)。mAhも使います。

Wh(ワットアワー、1時間の消費電力)は、電池に溜めることができる電力容量です。電力容量が300Whなら、100Wの電化製品を3時間使用することができる。消費電力が100Wの家電製品を5時間使いたい場合は、電力容量500Wh(100W×5h)が必要となります。

・WhとmAhの関係式は、電力容量Wh = V(電圧)× mAh(バッテリー容量)÷ 1000となります。

※ただし、現在、モバイルバッテリーの電池はほとんどんリチウムイオン電池であり、リチウムイオン電池の電圧は3.7Vなので、Wh = 3.7 (V) × Ah(バッテリー容量)÷ 1000となります。

ポータブル電源大容量はアウトドアの他に災害時にも必要!

ポータブル電源日本製~大容量は、大きく分けて、キャンプや車中泊などで使用。そして万が一の災害時に使用できます。

〇スマートフォンなどのモバイル充電はもちろんのこと、パソコンの充電・扇風機・電気毛布・スピーカーなどに幅広く使用できます。

〇シガーソケットが付いているので、車のシガーソケットで使える簡易冷蔵庫や小型掃除機なども動かすことができます。

〇日常生活のなかでも、時には屋外でバーベキューを楽しんだり、また日曜大工などもする時にもポータブル電源は役に立ちます。

〇災害時に一番ネックになるのが、電源確保です。いつもは当たり前のような電灯が灯り、炊飯ジャーや電気ポットなどが使用できる生活が、ガス供給ストップとともに、まさしく様変わりしてしまいます。そんな時に、がぜんと力を発揮し、他よりになるのでポータブル電源です。少ないながらも電気の供給があれば、何とか苦難を乗り越えてゆくことができます。

➡よく売れているポータブル電源【楽天】
よく売れているポーターブル電源【Amazon】

10月人気記事一覧