ベストBUY

自分が購入したもの、気になる商品の情報をできるだけ詳しく紹介しています。購入前の参考にどうぞ!

家具

珪藻土バスマットのおすすめは?楽天で人気なのは日本製のコレ!

投稿日:

珪藻土バスマットと言えば、吸水力の高さと汚れなどが付きにくいのでお手入れが楽ということで普通のバスマットよりも最近は人気が出てきています。

 

しかし、いざ珪藻土バスマットを使ってみたいと思っても値段やメーカー、生産国の違いなどがあってどれを買えばいいのかわからないという人も多いと思います。

 

そこで、珪藻土バスマットの違いやおすすめの商品をピックアップしてみたので珪藻土バスマットを使ってみようと思っている方は参考にしてくださいね。

珪藻土バスマットを買うなら日本製がおすすめ!

珪藻土バスマットって普通のバスマットと比較すると高いイメージがありますよね。
でも楽天やAmazonで販売されている珪藻土バスマットの中には「おっ、意外と安いな~」という商品がたくさんあります。また、ニトリなんかでも2000円以下の安い珪藻土バスマットが販売されています。

 

しかし、このような安い珪藻土バスマットは大抵が中国製です。

中国製の珪藻土バスマットに関しては、「アスベストが混ざっているので健康上危険」などといった意見も多いです。まあ正直アスベストが危険なのも工事現場などで大量に吸い込んだ場合で、仮にアスベストが珪藻土バスマットに混ざっていたとしても健康に大した影響はないと思います。まああまり気分のいいものではありませんよね。

 

中国製の珪藻土バスマットがおすすめできない理由はそうではなく、単純に製品の質です。
やはり日本製の珪藻土バスマットのほうが口コミなどを見ても吸水力が高いです。若干日本製の珪藻土バスマットのほうが値段が高い傾向がありますが、耐久性や機能性を考えれば十分に元が取れると思います。

 

日本製の珪藻土バスマットがおすすめと言っても、日本製と書いていない商品もあるのでおすすめの日本製珪藻土マットレスをピックアップしてみました。

 

おすすめの日本製珪藻土バスマット soil

日本製の珪藻土バスマットとして人気なのがsoilシリーズのバスマットです。

その中でも特に人気なのが「バスマット ライト」です。
soilシリーズの珪藻土バスマットライトは、原料となる珪藻土にパルプ繊維を混ぜて作っているので他の珪藻土バスマットと比較してとても軽いのが特徴です。吸水性は珪藻土のみを使ったバスマットと変わりません。

 

それどころか、soilの珪藻土バスマットは原料にこだわっており、秋田産珪藻土を使用しています。他の珪藻土と比較して多孔質の穴の純度が良いので吸水力の高さと乾燥の速さが違います。

感覚としてはバスマットを踏んだ直後から水分を吸い取る感じですね。

 

soilバスマットライトを購入した人の口コミを紹介

・初めて使った時の吸水力には驚きました!・他の珪藻土マットレスも使っていましたが、吸水力はsoilと比べものになりません。

・お風呂上りにどんなに塗れていてもすぐにサラサラになるので気持ちいいです。

・乾くのが早いのでいつでも清潔感があって衛生的です。

・吸水が悪くなったらサンドペーパーを使えばすぐに復活するので長持ちします。

・軽くて使いやすいしバスマットを洗う手間が省けてとても楽になりました。

吸水力の高さやサラサラするまでの乾燥の速さに満足している声が多いですね。

また、口コミを見てみると他の珪藻土バスマットを使った人も多く見られましたが、最終的にはこのsoilの珪藻土ばずまっとが一番だと感じている人が多いですね。

 

やはり日本製の質の高さが感じられますね。
そのためか、お祝いなどプレゼントとして贈っている人も多い印象です。

 

良くない口コミを見ると、「割れやすい」とあります。
特に、お風呂場を出たところに床下収納がある家の場合はその上では使えないのですが、購入後にそれを知った人からの低評価レビューがいくつかありました。

 

しかし、事前に知っていて平らなところで使う分には問題ないでしょう。

 

おすすめの日本製珪藻土バスマット UB足快バスマット

UB足快バスマットも日本製の珪藻土バスマットとしてはおすすめです。
価格もsoilの珪藻土バスマットと比較すると少し安く設定されています。

このUB足快バスマットにはナノテック大賞を受賞した技術が使われているので通常の珪藻土よりも性能がパワーアップしています。細かい微細孔になっているので有害物質や悪臭の分解・無害化に優れています。

 

また、UB足快バスマットはsoilのバスマットと違って溝があり、デザインがあります。
シンプルな珪藻土バスマットよりもデザインがあったほうがいい人におすすめです。

UB足快バスマットを購入した人の口コミを紹介

・かれこれ2年以上使っていますが今のところヒビ割れなどはありません。・安い珪藻土バスマットは冬場冷たくなりますがこちらはその心配がありません。

・吸水力は申し分なく、使用後は立て掛けるだけでカビなどは生えませんでした。

・以前は安価な類似品も使っていましたが、ちょっと奮発してこっちを買ったほうがいいです。

・お風呂上りに乗った瞬間に足が吸いつくような吸水力でさすが日本製だと思いました。

こちらも吸水性の高さは評価が高いですね。
soilと比較すると結構長い間使っていても大丈夫という耐久性に関する口コミも多かったように思います。

 

一方で、溝でデザインされている分そこに汚れが溜まってしまったり、やすりで削るのが難しいという意見も一部ありました。

 

ただ値段が安いことを考えると日本製で安い珪藻土バスマットを探している方におすすめです。

 

さいごに

日本製の珪藻土バスマットならsoilかUB足快バスマットの2択だと思います。
もっと安くとなると、中国製の珪藻土バスマットになってくるでしょう。

 

やはり日本製の珪藻土バスマットを使っている人の口コミを見ると安価で売られているものは水を吸わないので結局脱衣所が水浸しになってしまったりするのでせっかく購入するなら多少高くても日本製の珪藻土バスマットがおすすめです。

 

ちなみにそれでも中国製の珪藻土バスマットを買うならニトリのバスマットがおすすめです。速乾性や吸水力はこの記事で紹介した日本製の珪藻土バスマットと比較すると落ちますが、口コミでは長く使えるなどまずまずの評価です。

 

通販の中国製の安価な珪藻土バスマットは値段なりの商品ですが、ニトリはさすが、お値段以上だと使っている人の口コミを見ても思いました。

アドセンス




アドセンス




-家具
-

執筆者:

関連記事

ジェットウォッシャーとエアーフロスどっちを買うべきか?特徴を比較

フィリップスの「ソニッケアー エアーフロス」と、パナソニックの「ジェットウォッシャー ドルツ」。どっちも楽天市場やAmazonなどの通販売れ筋ランキングの「口腔洗浄器」の部門で上位にランキングされる人 …

一人掛けのハイバックソファーでリクライニングできるおすすめ商品ランキング

一人掛けソファに限らず、最近はハイバックソファが人気ですよね。 ハイバックソファを選ぶ時のポイントは、背もたれが高く、頭までサポートがあると 逆に座る時の体勢が固定されてしまうので肩から頭までのクッシ …

脱臭ハンガーは花粉症対策にもなる?口コミでの評判や最安値をチェック!

洋服のニオイ対策のために柔軟剤や消臭効果のある洗剤を使っている人は多いと思います。しかし、スーツやジャケットのように自宅の洗濯機で洗えないものもありますよね。頻繁にクリーニングに出すのはコストもかかる …

エアウィーヴの最安値!楽天のポイント10倍やふるさと納税がおすすめ

高反発マットレスとして人気のエアウィーヴ。 質の高い眠りをコンセプトにマットレスを始め枕や布団などを販売しています。 でも・・・ちょっと高いですよね。 気軽に購入できる値段設定ではないので購入前に熟考 …

スポンサードリンク

スポンサードリンク