知っ得!買っ得!

知っていると得をするような情報や買って得するアイテムについてレビューなどを交えて紹介しています。

家電

360度カメラでiPhoneと連携できるおすすめの厳選3機種を比較!

投稿日:2018年4月12日 更新日:

今フェイスブックやインスタグラムで360度写真が動画が流行っていますね。
そんな360度写真や動画を撮影できるのが、「360度カメラ」や「全方位カメラ」と呼ばれるものです。

実は結構昔からあるのですが、個人というよりも業者用で価格がとても高かったうえに、現在のように撮影した写真や動画を共有できるSNSもなかったので言ってしまえばとてもマニアックな商品という位置付けでした。

しかし、冒頭のように360度カメラの人気が出た今、個人向けに比較的安価で手に入る360度カメラも増えてきました。

この記事ではそんな360度カメラの中でもiPhoneと連携して撮影・編集ができる360度カメラをピックアップして紹介しています。

【厳選】iPhoneと連携できる360度カメラのおすすめ商品比較

ただ単純に360度写真だけを撮影するだけならアプリでも十分だと思います。

・Facebookアプリ
・Google Camera
・Microsoft Pix
・bubbli
・Panorama: 360 by TeliportMe

上記のようなアプリをインストールするだけでも360度写真は撮影できます。
しかし、当然動画の撮影や画質にこだわるなら360度カメラがおすすめです。

ではどんな360度カメラがおすすめか?紹介していきましょう。

INSTA360 Nano

400万画素、全天球タイプの360度カメラがINSTA360 Nanoになります。
iPhoneとの連携はライトニング端子にカメラの本体を差し込むだけでOK。
INSTA360 Nanoが写している画像をiPhoneの液晶ディスプレイで確認できます。

バッテリーも本体に内蔵されているのでiPhoneのバッテリーを消費することなく使用できます。iPhone向けの360度カメラとして開発されているので十分にスペックを引き出すことができるでしょう。iPhoneユーザーには一番おすすめの360度カメラになります。

RICOH(リコー) THETA S

1200万画素、全天球タイプの360度カメラでTHETA(シータ)と読みます。
その軽さとコンパクトさから旅行などの持ち運びに優れている360度カメラです。
RICOHの360度カメラでは最上位のモデルがこのTHETA Sです。

撮影の難しい星空を撮影できるだけのスペックを持っています。
そこまで画質などにこだわりがないなら、安価なエントリーモデルでもある「RICOH THETA m15」が
今なら2万円以下で購入できるのでおすすめです。

GIROPTIC 360cam

800万画素、全天球タイプの360度カメラがGIROPTIC 360camです。
こちらはカメラをゴム生地が覆っているタイプの360度カメラになります。
ここまで紹介してきた360度カメラとの大きな違いは防水・防塵・耐衝撃機能が搭載されているのでアクティブな360度写真・動画を撮影したい方におすすめです。

また、他の360度カメラと違いカメラないでリアルタイムで画像を繋ぎ合わせる(リアルタイムスティッチ)が可能になっているので360度ライブ配信も可能です。すでに紹介した360度カメラと比較するとよりプロフェッショナル向きと言えるでしょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
360度カメラは今がまさに旬のアイテムで様々なメーカーから新機能を搭載したモデルが発売されているので半年もすればさらに良い商品が販売されている可能性が高いです。

しかし、反対に言えば今回紹介したような商品が安価に手に入るチャンスとも言えるでしょう。

それでも写真や動画を撮影する頻度と本体価格が釣り合わないなと感じる方は、今回紹介したRICOH(リコー) THETA Sなどは空港で一日数百円でレンタルもできるので、旅行のタイミングなどで利用してみてはいかがでしょうか?

アドセンス




アドセンス




-家電
-

執筆者:

スポンサードリンク

スポンサードリンク