スマホソーラー充電器【日本製・国産4選】世界へ羽ばたく安全・高品質・防災のモバイルバッテリー!!

スマホの充電が切れた時に出先で充電ができる「モバイルバッテリー」。
日常使いから旅行やキャンプなどのアウトドアライフでも大活躍するアイテムです。

目次

スマホソーラー充電器(モバイルバッテリー)とは?

そんなモバイルバッテリーの中でも注目されているのが、「太陽光で充電ができるソーラー充電器」です。ソーラー充電式モバイルバッテリー、ソーラー式パワーバンク(Power Bank)、ソーラーチャージャーとも呼ばれています。

コンセントプラグに差し込んで充電する必要がないために、アウトドアライフ以外にも、災害によって電源が確保できない時の携帯用充電器として注目されています。

関連㌻・ソーラー充電器どこで売ってる?販売店・量販店・通販ポータブル電源どこで買える?ポータブル電源 おすすめ 2021 日本製ポータブル電源日本製【最強への挑戦】

おすすめの日本製・国内生産のソーラー充電器
・ソーラーシートチャージャー
楽天Amazon
・SunSoakerソーラーチャージャー
楽天Amazon

スマホソーラー充電器日本製の定義を「日本メーカーかつ国内生産」としました。

ただ、ソーラー充電器スマホには、宣伝文句とかけ離れた安価な外国製の粗悪品も数多く出まわっています。全てが悪いわけではありませんが、近ごろでは、やはり「安心・安全・高品質・保証」の日本製良品を求める声が大きくなっています。

そこで「このpageにおいての日本製の定義」を示した上で、おすすめの製品などを紹介させていただきます。ご購入前の参考にしていただければ幸いです。

安心・安全の日本製がおすすめ・日本製の定義

ソーラー充電器を出している会社は山ほどありますが、技術面・安心安全面からみて、やはり日本メーカー製がおすすめです。それも日本メーカーで日本国内生産のものを選びましょう。

もちろん海外製のものでもスペックや使い勝手がよいものが豊富に出ていますが、それと同時に、宣伝文句は立派だけれども品質最低な部品が使われているかもしれない製品も数多く販売されています。実際、使い始めは良好なものもあるのですが・・・。特に、ブランド名ばかり強調して会社の実態が良くわからない製品は避けた方が無難でしょう。なかには雨風にさらされているガレージのような軒下で組み立てられているものもあります。

一般的なモバイル充電器もそうですが、日本製には一般的に目に見えない部分の部品の一つひとつまでこだわった職人気質のような実直さがあり、それが製品の素晴らしさとして現れています。もちろん日本製なら何でも良いというものでもありませんが、少なくとも後にご紹介する日本製の製品は、会社の姿勢も素晴らしく優れた品質があります。

「ソーラー充電器どこで売ってる?」より引用

そこで本ページの日本製の定義を「日本メーカーで日本国内で生産されている製品」としました。

スマホソーラー充電器おすすめ【日本製➊】PCや防災にも
オーエス 【巻いて運べる】 10W/ 5W
ソーラーシートチャージャーGN-100 / GN-050

(👆画像リンクは楽天市場「いいホームスタイル.com」)

ソーラー充電器スマホの「充電器と一体型のコンパクトタイプ」 は 「かなりの充電時間がかかる」という難点があります。ネットではほとんど充電できなくて使い物にならないという苦情も多く寄せられています。というのも、「太陽光発電には一定のパネル面積がどうしても必要」であるからです。

そこで登場したのが、「数枚のソーラーパネルを折りたたむタイプ」の ソーラーモバイルバッテリーです。 より早い充電が可能となります。そしてそれをさらに使いやすくした発明が、 「シート状のもの」である本製品です。今のところシート状のものが日本製のメインとなっています。

企画・生産・加工、組み立てまで全て日本国内で行っている、
高品質のJapan製品。Made in Japanの意気込み。

災害 地震 充電 給電 非常用電源 太陽光発電 太陽光 発電 ソーラーパネル アウトドア

・ 企画・立案から、太陽光モジュールの生産から加工、組み立てまで、すべて日本国内で行われています。 発電のようなともすれば危険を伴う製品では、安心・安全の日本製が望まれます。

・日本の技術の結晶としての「徹底した安全性」と「部品ひとつひとつまで注意を払った製品づくり」、そして「安心のサポート体制への取り組み」においては特記すべきものがあります。たとえば、

・ 本製品には、日本製アモルファスシリコンセルをモジュール化し、性能・安全性の基準を満たした部材のみが選定されています。

メディアでの話題や人気。グランプリ などで受賞。

・ 「ソーラーシートチャージャーGN-050・GN-100」 は、クラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」でも、目標の2117%と大変な人気を博しています。

・「ビジュアルグランプリ2019」では、スマートフォン関連アクセサリー部門を受賞。

職人気質のような「こだわりの実証実験」。実績の積み重ね。

・ 砂漠を7日間かけて250キロを走る 「アタカマ砂漠マラソン2013(チリ)」 で、 実証実験としてランナーたちにソーラーシート(旧モデル) を持たせ、 -0度〜+60度の気温の下でも耐えうることが確認されています。

・ 東日本東北大震災の際、 宮城県からの要望で災害対策本部にソーラーシート初号機を提供。 真っ暗な中で光が灯り、スマホで情報が取れたことなど、「小さくても大きな貢献」の声がたくさん届けられています。

(👇画像リンクは楽天市場「いいホームスタイル.com」)*(👆画像リンクは楽天市場「いいホームスタイル.com」)

ソーラーシートチャージャーの主な特徴・スペック (10W/5 W) 。

● 二通りの使い方

・スマートフォン・タブレットなどへ直接充電。(本製品はUSB接続のミニ家電など直接可動も可能)
・モバイルバッテリーへ充電。

●スマホ1台(バッテリー容量2600mA/3.7Vの場合)の充電時間

・5W出力タイプの「GN-050」なら約4時間、
・10W出力タイプの「GN-100」なら約2時間。(※日照条件によって変化があります)

(👆画像リンクは楽天市場「いいホームスタイル.com」)

●携帯性

薄くて、やわらかくて、丸められて、超軽量

・厚みはわずか1mm、コンパクトに柔らかく巻けて収納袋に格納。
・重量は約240g(GN-100)と約140g(GN-050)であり、持ち手付きで超軽量。子供でも持ち運び、曲げ伸ばし可能です。
・ハトメ加工済み。自由に、リュックサックや木の枝などに取付けて太陽の光の方向に向けられます。

●主材質:アモルファスシリコン
●発電能力: GN-100 :最大10.8W(USBボックスにて一定 5.0V を提供)/GN-50 :最大5.4W(一定 5.0V を提供)
●最大出力電流: GN-100 : 1.9A / GN-50 :0.95A
●外形寸法(mm:GN-100 : L915×W250 t=1(突起部除く) /GN-50 : L500×W250 t=1(突起部除く)
●使用時製品温度:0℃~+60℃
●使用湿度:85%RH以下(結露しないこと)
●保管温度:-20℃~+60℃
●付属品:収納袋(持ち手付き)×1

※製品の要である主材質アモルファスシリコンは、非結晶質半導体であり、結晶型のシリコンと比べ、光を多く吸収できる素材です。

【ふるさと納税】

おすすめの日本製・国内生産のソーラー充電器
・ソーラーシートチャージャー
楽天Amazon
・SunSoakerソーラーチャージャー
楽天Amazon

スマホソーラー充電器おすすめ【日本製❷ (セット) 】PCや防災にも
オーエス【ソーラーシートチャージャー⊕モバイルバッテリー】
防水LEDライト5200mAhGB-19L-DC01/2800GB-09L-DC01

●USB出力最大1.2Aで、スマホの充電が可能なチャージャー(バッテリー) ●IP68の防塵防水規格をクリア。
LEDライトは明るさ最大350lm。明るさ3段階調整、緊急点滅の切り替え可能。 最長点灯時間72時間。PSE(電気用品安全法)適合。

「折りたたみ型やソーラーシート状」の ソーラーモバイルバッテリーの用い方は以下の2通りです。

➊携帯やパソコンなどに直接充電する。
➋モバイルバッテリーにいったん蓄電する。(そして➪ 携帯などへの充電)

➋を行うには、プラスして「モバイルバッテリー」が必要となります。(ソーラーシートチャージャーの「コンパクト型」でもいいのですが、コンパクト型の発電への貢献度が大変低いことや耐久性・性能・安全性などを加味して、組み合わせは通常のモバイルバッテリーを断然おすすめします)

「通常のモバイルバッテリー 」には特性の優れたものがたくさんありますが、やはり相性などを考えると、同じメーカーのものが最適のコンビになりますね。

携帯の充電だけでなく、USB接続であればミニ家電にも充電ができる優れものです。
もちろん、 ソーラーシートチャージャー GN-050・GN-100 との相性はバッチリ。

通常はかさばりがちな ソーラーモバイルバッテリーとのセットをコンパクトに収納することが可能です。
また IP68 の防水機能や、 LEDライトは緊急用の点滅などの工夫があり、緊急事態にも対応できるように仕上げられています。

***(👆画像リンクは楽天市場「いいホームスタイル.com」)

OS モバイルバッテリーの主な特徴・スペック

●スマホ・タブレットへの充電が可能なバッテリー
・USB出力は、GB-19L-DC01最大2.1 A ・ DC5V /GB-09L-DC01 最大 1.2A・ DC5V 。
・電池容量は、 GB-19L-DC01 5200mAh・ DC3.7V /GB-09L-DC01 2600mAh・DC3.7V。

●LEDライトの明るさ
・GB-19L-DC01 最大350lm(3段階調整)照明ライト機能と緊急点滅の切り替え可能。 最長点灯時間72時間。
・GB-09L-DC01最大100lm(2段階調整)赤色SOS点滅モード付き。

●防水性能 IP68

●充電時間目安

・GB-19L-DC01 ソーラーシートチャージャー (GN-100)で約5時間
・ GB-09L-DC01 ソーラーシートチャージャー(GN-050)で約5時間

●外形寸法(mm:GB-19L-DC: Φ37xL262 / GB-09L-DC01 : Φ37xL143
●使用温度:0℃~ +40℃
●使用湿度:85%RH以下(結露しないこと)
●保管温度:-20℃~+60℃
●付属品: 収納袋(紐付き)×1,ストラップ×1,USBコード×1

スマホソーラー充電器おすすめ【日本製❸】PCや防災にも
F-WAVE 【巻いて運べる】 10W/ 5W
太陽電池シートSunSoaker

超軽量!極薄!割れない! 防災用品 その他 避難グッズ・用品

おすすめの日本製・国内生産のソーラー充電器
・ソーラーシートチャージャー
楽天Amazon
・SunSoakerソーラーチャージャー
楽天Amazon

日本製のソーラーチャージャーなら、もうひとつ、ぜひおすすめしたいのが、 F-WAVEの「携帯充電用太陽電池シート SunSoaker」です。

“曲がる・軽い・割れない”が特徴のF-WAVE社のSunSoakerは、日本で企画・開発し、熊本工場のラインで生産。製品品質・設備の状態を経験豊富なスタッフが精魂込めて常にチェックし、Made in Japanの優れた技術を世界中の方々へ提供しています。とても満足度の高い製品となっています。

(👆画像リンクは楽天市場「アットレスキュー」サイト)

SunSoakerの主な特徴・スペック(10W用) 。

素材はガラス不使用。これにより、衝撃にも強く、割れて怪我をする心配などがありません。こちらも、丸めて収納することができ、簡単に収納することができます。

また、防災必要性・安全性・機能性において(一財)防災安全協会の評点をクリアし、防災製品等推奨マークを取得致しています。

●材質は[太陽電池]フィルム型アモルファス太陽電池 [端子箱]ABS
●厚みわずか1mm(USB端子部分除く)、巻いて収納できる柔軟性シート。
●目安充電時間(iphoneの場合):約2時間(※条件により異なります)。
●最大出力:10W/DC5V(USB)。
●外形寸法:長さ915X幅250mm。
●質量:約240g。
●使用時製品温度:0~70度C。
●ハトメ加工付きなので、吊り下げて使うことも出来ます。

スマホソーラー充電器おすすめ【日本製❹】 (PCや防災にも)
F-WAVE 【A4サイズ折り畳み】11W
太陽電池シートSunSoaker

★太陽光でどこでも充電可能/アウトドアレジャー・停電時の必需品 キャンプ FPV4010CHW A4-3F

こちらの商品は、「巻いても収納する」ものではなく、「ほぼA4サイズに折り畳むタイプのもの」です。場所を取らずにバッグにスポッと入ります。便利が良くておすすめ製品です。

厚みわずか1mm(USB端子部分除く)。重さ280gと軽量。 USB端子つき。ガラス不使用で衝撃に強く、頑固なほどに丈夫。

11Wタイプのフレキシブル太陽電池シートであり、もちろん、熊本工場で製作している信頼の日本製です。

(👆画像リンクは楽天市場「S-WOODS」サイト)

スマホソーラー充電器おすすめの日本製メーカー案内

日本製:「ソーラーシートチャージャー GN-050・GN-100」 の メーカー「オーエス 」

オーエスグループは 1953年4月大阪府堺市において 奥村商会として創立されて以来、 60年の伝統を持ち、多岐に渡るオリジナル商品を開発から製造まで行う、総合映像システムのメーカーです。 なかでも「OSスクリーン」 は有名であり、 企業、学校、ショッピングモール、TVドラマの演出などに製品が使用されています。お客様の”こうしたい”という「キモチ」を、より具体化した「カタチ」に仕上げることが得意な開発型企業であり、 オーエスグループの開発部門である株式会社次世代商品開発研究所が日本の技術を結集して開発したのが本製品です。

日本製: 「 携帯充電用太陽電池シート SunSoaker 」のメーカー「F-WAVE」

「F-WAVE株式会社」は日本の会社ですが、 2014年にニュージーランドのジニアテック社が全額出資で設立された会社です。外国出資ですが、日本の技術を愛し、 富士電機(株)から事業譲渡を受けて、太陽電池事業を継承。 F-WAVE熊本工場( 熊本県の北にある南関東部工場団地)では、 自然豊かな熊本から世界に向けて、日本の最新の技術で最良の製品を目指し、自由で柔軟な発想で全く新たな製品が開発・製造されています。

(「エレコム」)

(有名な日本メーカーですが、主要生産国が他国であり残念ながら製品のおすすめ掲載はしていません)
ブランド「ELECOM / LANEED」で有名な エレコム株式会社は、 1986年(昭和61年)5月、設立、 2006年(平成18年)11月にJASDAQに上場している急成長の会社です。 大阪市中央区に本社があり、パソコン周辺機器、サプライ用品などの製造・販売を主な事業としています。JPX日経400にも指数採用されていて、本製品関連を始め、マウス、家具、記憶媒体など、日本の企画開発会社として大きな期待が持たれています。上記の二社とは違い、「企画・設計は日本、製造は海外委託」して製品が供給されています。

おすすめの日本製・国内生産のソーラー充電器
・ソーラーシートチャージャー
楽天Amazon
・SunSoakerソーラーチャージャー
楽天Amazon

スマホソーラー充電器は防災面でも必需品

2018年に発生した震度7を記録した北海道胆振東部地震では、北海道全域が一時ブラックアウトしてスマホの充電ができずにパニックになりました。

被害状況や避難所情報などを得るために、スマホや携帯、タブレットなどの連絡手段は常に確保しておきたいところです。そんな時にも役立つのがソーラーモバイルバッテリーです。

電源コンセントのいらない発電機として「手動式発電」のものもありますが、体力がかなり消耗してしましますね。その点、 ソーラーモバイルバッテリーは、太陽光に向けて置くだけで発電してくれます。

それでは最後に、参考までに、 ソーラーモバイルバッテリー日本製の選び方や大切なポイントをまとめてみます。必要に応じてご覧いただければ幸いです。

スマホソーラー充電器日本製の選び方POINT (参考)

➊「コンパクトタイプ」&「折りたたみ・シートタイプ」の特徴を整理。

「コンパクトタイプ(モバイルバッテリーの本体にソーラーパネルが装着されている)」の特徴。

●太陽光からの蓄電とととに、普通のモバイルバッテリーと同じように、家庭用コンセントACから蓄電もできます。
●軽量・小型・持つ運びが便利。
●ソーラーパネルの面積が小さいので、充電にかなりの時間がかかります。「コンパクト型」の太陽からの充電は、家庭用コンセントなどからの通常充電のプラスアルファーとして考えておけばよいでしょう。

「折りたたみ・シートタイプ (モバイルバッテリーの本体には装着されていない) 」の特徴。

●ソーラーパネル部分が開くので、パネル部分が広くなり、太陽の光を効率よく集めることができます。発電の能力が高いので、アウトドアの他に、災害時の使用に最適のアイテムです。

●基本的には、装置自体には蓄電する機能を持っていません。「スマホに繋げて直接的に充電」するか、「モバイルバッテリーに繋げて蓄電するか」の選択になります。

➋ ソーラー充電器の選び方として一番に重要と言われているのは「変換効率」 。

ソーラー充電器の選び方として一番に重要と言われているのは「変換効率」です。 変換効率は、太陽光が電力に変換される割合のこと 。変換効率は、ソーラーパネルの総面積と合わせて「モバイルバッテリーが太陽光によって満タンになるまでの充電時間(蓄電時間)を決める最も大切な要素」と言うことができます。

変換効率が高い太陽光パネルのほうが、より多くの電気を発電することができます。〇〇%と記載されることが多く、最大でも30%と言われていて、20%前後でも十分にハイスペックです。

(※ちなみに誤解され易いのですが、変換効率の変わり「 パネル容量 」で示されることがあります。パネル容量が同じであれば発電量は同じです。)

当然、「コンパクトタイプ」のソーラーモバイルバッテリーは見てわかるように、パネル面積が「折りたたみタイプ」とは全然違い、発電量は、10分の1、20分の1程度ぐらいです。よく、「コンパクトタイプ」の口コミとして全く充電ができないといった口コミが目立ちますが、理由は以上の通りです。

➌ソーラ充電器 は「耐久性」も大事。

意外と見落としがちなのが、ソーラー充電器の耐久性です。これはとても大切なPointです。アウトドアなど野外で使うものですから、耐久性に優れた、頑丈なものを選ぶ必要があります。

うっかり落としてしまっても壊れないような頑丈なものを選ぶのであれば、 PETプラスチック製のものがおすすめです。

❹充電スピードはどうか。

充電速度が速いかどうかを見極めるには「変換効率」と「A値」に注目します。

「変換効率」 は前述の通り、 太陽光が電力に変換される割合のことで、 20%ぐらいが目安となります。 A(アンペア)値は出力電力の強さを表す数値です。大きいほどスマホの充電が早くなりますが、

❺「折りたたみ・シートタイプ」 と合わせるモバイルバッテリーには「防水やLEDライト」機能も必要!

「折りたたみタイプ」 のソーラーモバイルバッテリーと組み合わせる「モバイルバッテリー」には、災害時やアウトドアでの使用を考えて、充電以外の機能を兼ね備えている製品を選びましょう。

例えば、LEDライトが搭載されていたり、災害時の使用を考えるなら防水・防塵機能は実用性が高いと言えるでしょう。

災害 地震 充電 給電 非常用電源 太陽光発電 太陽光 発電 ソーラーパネル アウトドア
LEDライトは明るさ最大350lm。明るさ3段階調整、緊急点滅の切り替え可能。 最長点灯時間72時間。PSE(電気用品安全法)適合。
超軽量!極薄!割れない! 防災用品 その他 避難グッズ・用品
★太陽光でどこでも充電可能/アウトドアレジャー・停電時の必需品 キャンプ FPV4010CHW A4-3F

10月〜11月人気記事一覧