携帯できる電源」として、アウトドアや非常時に大活躍するポータブル電源。

我が家でも、最近周辺で地震が多くなったので防災セットと合わせてポータブル電源を購入することにしました。

ただ買う前に「ポータブル電源ってどこで買えるの?」という疑問が・・・。

そこでポータブル電源が売ってると言われるホームセンターや家電量販店を中心に、店頭販売で置いてある売り場や確実に購入できる販売店をまとめました。

また、失敗しないポータブル電源の選び方やコスパ最強のおすすめメーカーについても調べてみたので購入前の参考にしてくださいね!

ポータブル電源ってどこで売ってるの?

この疑問をスッキリ解決します!

 

ポータブル電源の選び方>>

おすすめのメーカー>>

ポータブル電源買うなら通販>家電量販店>ホームセンター

☆彡イメージだけどポータブル電源ってホームセンターに売ってそうな感じがするけどどうなの?

⭐確かにポータブル電源はホームセンターで売ってる場合もあるけど、実店舗で買うなら家電量販店のほうがおすすめ!

実際に調べてみたのですが、ホームセンターで言えば「コメリ」や「ジョイフル本田」などでポータブル電源の取扱があることがわかりました。

またコーナンやロイヤルでも一時期はポータブル電源の取扱いがあったことがわかったのですが、ホームセンターはポータブル電源よりも発電機の取扱いが多く、ポータブル電源を買うには不向きです。 (取扱いがあったとしても選択肢が少ないので・・・)

なので実店舗でもホームセンターに行くのはオススメしません。 ホームセンターよりも家電量販店がオススメです!

家電量販店では、人気のビックカメラやヤマダ電機を始めとした複数の店舗でポータブル電源の取扱いが確認できました。 店頭で買いたい場合はお近くの家電量販店に行きましょう!

ポータブル電源の売り場は?

家電量販店の売り場と言っても、お店によって違うので一概には言えませんが、

・DIY売り場 ・防災グッズ売り場 ・バッテリー売り場

上記の売り場に置いてある可能性が高いです。

とは言え、最近は通販でなんでも売っているので普通にAmazonや楽天で買ったほうが選択肢も多く、安くて便利だと思います。

➡よく売れているポータブル電源【楽天市場】
よく売れているポーターブル電源【アマゾン】

ポータブル電源のおすすめの選び方

それでは、実際にポータブル電源を買う時に商品選びのポイントとなる点をいくつか紹介しておきたいと思います。

必要な電力量を計算して容量を決める

一概には言えませんが、ポータブル電源の価格はバッテリーの容量と比例して高くなっていく傾向があるのでポータブル電源を選ぶ際にはまずどれぐらいの容量が必要になるのか?を計算しておくといいでしょう。

そのためには使用する電気量を計算することが大切です。

例えば、30Wの扇風機を5時間使用すると仮定して必要な電気量を計算します。

30W×5h=150wh(ワットアワー)

電気量は150wh必要になります。 このようにして、使用するであろう機器の消費電力と時間から大まかな電力量を計算したらそれらを合計して必要な電力を計算してみましょう。

必要な電力量がわかったらその電力量に合わせてポータブル電源を選びます。 ポータブル電源の全ての機器には必ず電力量が記載されています。(〇〇wh) その数値が自分で計算した仮の電力量よりも大きいものを選びましょう。

キャンプや車中泊など、ポータブル電源を使用する期間によっても電力量は変わるかもしれませんが、基本的にほとんどのポータブル電源は車で充電できます。(最近はソーラーバッテリーと繋いで充電できるものもあります)

なので充電できることも考えると、1日の使用量と1日に充電できる電力量の差が必要最低限の電源の容量と言えます。

なので、ポータブル電源の容量を1日で消費したとしても充電することで満充電することができれば1日分の容量だけあれば十分ですし、何日も充電できない環境での使用であれば1日の使用量に日数をかけて計算する必要があります。

怪しいブランドのメーカーは避ける

通販でポータブル電源を購入する場合、特にAmazonに多いのですが、聞いたこともないメーカーの商品が数多く出品されています。ステマっぽい絶賛レビューだらけの・・・。

モバイルバッテリーなんかもそうですが、こういった中華メーカーの製品は予期せぬ初期不良やトラブルに巻き込まれやすいので注意しましょう。中国製だから悪いというわけではありません。しっかりしたメーカーもあります。

そこで、やはりおすすめなのが、日本製のポータブル蓄電池です。

ポータブル蓄電池・日本製がおすすめの理由

日本製と海外製のポータブル蓄電池の違いは、価格と製品内容、保障体制の違いです。

海外の製品はすべてではありませんが、なかには品質のあんまり良くない部品もスルーして大量生産されているので、日本の製品よりも安くなる傾向があります。

日本では技術基準が厳しく、PSE認証(電気用品安全法)を通過した電化製品にPSEマークが付与されています。

しかし、たとえばリチウムイオン電池を使用することが多いポータブル蓄電池は劣化した時に、発煙や発火の危険も多く、どうしても安全面で心配が残ります。

メーカー保証においても、日本製品は海外製品に比べて保証期間が長く、壊れた場合の修理システムなどがしっかりとしていて、その意味でも安心ができる製品と言えます。

これらが、ポータブル蓄電池に限らず、日本製品は、諸外国からもおおむね評価の高い製品が多い所以です。

(モバイルバッテリーはエネルギー密度が高く、それが発火事故を引き起こすことにもなりかねないので、PSEマークの表示が2019年2月より輸入製品にも義務づけられています。ポータブル蓄電池に関しては今の時点で義務づけられていませんが、その流れからPSEマークが付けられた製品が増えています)

最後に、とりあえずこのメーカーのポータブル電源を買っておけば間違いないという通販でもレビュー評価の高いメーカーの製品を3つ紹介したいと思います。

大人気の日本製ポータブル電源製品

何といってもSmart Tap「PowerArQ(パワーアーク)」は魅力的

【蓄電容量626Wh】
Smart Tapは加島商事株式会社のプライベートブランドで国産の製品になります。 これまでスマホ用の車載ホルダーなどを製造していたメーカーですね。 そんなSmartTapの「PowerArQ(パワーアーク)」というポータブル電源はかなり人気が高く、レビュー評価も高い商品になります。

(☟公式サイト☟)

PowerArQメーカーサイトより

特徴はなんといっても蓄電容量でなんと626Wh
100Wほど消費するような車載用の冷蔵庫でも6時間は動かせるんですね。
寒い時期のキャンプで電気毛布を使いたいなんて人にもおすすめです。
それにすごいのは、なんと◎MCAコネクター可能なソーラー充電対応。
さらには◎格安で電池修理対応で長く使えることなど

オススメはやはりメーカー直通の☞公式サイトから(通販も同じ価格)

(新情報)★公式サイトより新製品情報があります。大容量モデルPowerArQ Proがついに登場!
価格:132,000円(税込) 発売日:2021年1月15日ですが、公式サイトより先行販売を開始しています。
公式サイト上部より【販売価格から10,000円オフとなる大変お得な限定クーポン】のご案内に入れます。

PowerArQ Proは1000Whにパワーアップ!たっぷり大容量・長時間。コーヒーメーカー・電気ポット・ハロゲンヒーターなどの電化製品にも使用可能です。

【圧倒的な高評価レビュー1700件超!】 ポータブル電源 626Wh 車中泊 大容量 174,000mAh ポータブルコンセント 防災 蓄電池

SmartTap「PowerArQ2」

【蓄電容量500Wh】は「PowerArQ」はより少なくなりましたが、「Type-Cの搭載」「周波数の切り替え」「スマホのワイヤレス充電対応」などの機能が追加されています。 その他の機能は「PowerArQ」とほとんどかわりません。

(⇓公式サイト⇓)

SmartTap 「PowerArQ mini」

(⇓公式サイト⇓)

【蓄電容量346Wh】SmartTapシリーズのほとんどの機能を備えながら、最もコンパクト軽量化設計。持ち運びに便利です。

LACITA ポータブル蓄電池エナーボックス

PSE認証 / 90Wカーチャージャー急速充電可能 / 出力ポート×7】防災 アウトドア・キャンプ用・防災グッズ・予備電源

【蓄電容量444Wh】

LACITA ポータブル蓄電池エナーボックス

画像引用元:https://citaxford.jp/lacita/cita-ups01/

・発煙・発火などの危険性が非常に薄い三元三元系リチウム電池使用です。プリウスなどの車にも採用されています。

・価格は安く、陽極酸化アルミニウム金属を使った強固なボディから、アウトドアや災害対策ばかりではなく、建築の工事現場などでも使用されています。

有名メーカーならばHITACHIポータブルパワーソース PS-64000

バッテリー容量:64000mAh●ジャンプスタート対応車:6000cc以下の12V車・17000cc以下の24V車●充電方法:専用充電器(シガー充電・AC充電)

【蓄電容量236Wh】

ポータブルパワーソース PS-64000 メーカー説明より

・大容量ポータブル電源のパワーソース(電気容量は64000mAh/236Wh)
大きなエネルギーを蓄えます(17,000ccのエンジンを始動)

・特徴なのは、日立らしく安全性に全くの妥協をせずに、警告・モニター機能の充実、異常発生をLEDで警告・異常内容をLCD表示器で知らせるなどの作動を含めて、保護回路を幾重にも搭載していることです。

さいごに

この記事で紹介したメーカーのポータブル電源であれば大きな失敗はないと思うので後は、使用する電力量に合わせて選んでみてはいかがでしょうか?

どうせ買うならば大容量のポータブル電源がいいかもしれませんが、多少容量は小さくてもコンパクトで安い製品を探して複数個買って使うなんてのも面白いかもしれませんね。

10月人気記事一覧