スーツケース@機内持ち込みができて軽量で丈夫なおすすめ5選
スーツケースを選ぶ時に重要なのが、機内持ち込みができるかどうか?ですよね。 でも、機内持ち込みができるスーツケースはすでにありふれています。
なので、この記事ではそこからさらに突っ込み「機内持ち込みができて尚且つ、軽量で丈夫なスーツケース」をセレクトしてみました。なぜ軽量のスーツケースがいいのか?様々なメリットと合わせておすすめの商品を紹介していきましょう。 スーツケース全体での売れ筋ランキングはこちらからも見れますよ!

機内持ち込みが可能で軽量なスーツケースがいい理由

まずは簡単に機内持ち込みできるスーツケースの条件を簡単に説明しますね。 機内持ち込みできるスーツケースのサイズは、搭乗する飛行機の座席数によって変わります。基本的には下記の条件となります。
・座席数100席以上ある飛行機の場合 スーツケースの3辺の合計が115cm以内かつ、1辺が縦55×横40×幅25(cm)以内 重量10kg以内 ・座席数100席未満の飛行機の場合 スーツケースの3辺の合計が115cm以内かつ、1辺が縦45×横35×幅20(cm)以内 重量10kg以内
国際線の場合は、100席以上ある飛行機の場合と同じ規定ですが、重量は航空会社によってバラつきがあるので利用する航空会社の機内持ち込みサイズの規定を確認しておきましょう。特にLCCは重量規定が厳しく7kgまでとなっている航空会社(エアアジア)もあります。 また、国内線でも国際線でも各航空会社によって機内持ち込みのルールやサイズは微妙に違ったり、規定が厳しく変更されたりするので必ず搭乗前やスーツケースを購入する前には各航空会社の手荷物に関するページはチェックしておきましょう。この記事の最後に主要な航空会社の手荷物に関するページをリンクでまとめておいたので最後に参考にしてみてくださいね。 サイズに関してはどんな時でも持込みができることを考えてスーツケースを選ぶなら座席数100席未満でも持込みできるサイズのスーツケースを選んでおけば安心なのですが、なかなかそのサイズに適応するスーツケースは少ないのが現状です。 なぜ軽量のスーツケースがおすすめなのか?と言えば、重量制限には当然スーツケース自体の重さも入ってくるので軽量であればその分持込みできる荷物の量が増えます。旅行の際はお土産などを買うと思うので行きよりも帰りのほうが重量が重くなったりするので軽量のスーツケースに越したことはないという考えです。 各航空会社の重量規定もどんどん厳しくなっていますからね。 さらに言えば、スーツケースって以外と持ち上げることも多いので持ち運びを考えても軽量のスーツケースのほうがメリットが大きいと言えるでしょう。 で、軽量にこだわり過ぎると丈夫さが損なわれやすいので、丈夫さも両立したスーツケースこそが一番いいんじゃなかろうか?と思うわけです。旅の途中でスーツケースが壊れてしまうと結構大変ですからね。 では、機内持ち込みができて軽量で丈夫なスーツケースを紹介していきましょう。

シフレ ゼログラ ZER2008-46

軽量で大容量で選ぶならゼログラZER2008-46がおすすめです。 重量は2.3kg、容量は40Lとなっています。 サイズ的には100席以上の飛行機での機内持ち込み可能なサイズです。 一流ブランドのスーツケースだと、このレベルの製品は5万円~6万円するのに対して、このゼログラZER2008-46なら実売価格で2万円以下と格安で購入できます。 価格に対して機能性がとても優れているスーツケースで、特に滑らかな動きは評価が高いです。ゼログラZER2008-46を使った後に他のスーツケースを引いてみると、ブレーキかけっぱなしか?と思ってしまう程です。 収納に関しては細かく整理整頓できるわけではありませんが、とにかく大容量の荷物を突っ込めるスーツケースという点ではとてもおすすめです。口コミでは他のスーツケースでは壊れがちなキャリーバーやキャスターの丈夫さに関する評価も上々です。あえて欠点を探すなら、「スーツケースに傷が付きやすい点」は口コミでも散見される意見でした。 軽量で大容量、そして格安といった贅沢な条件で探している方におすすめです。
・とても満足しています。なんと言っても軽いし、キャリーのコマの動きも良い ・表面は傷つきやすいですが、軽量で取り回しも楽で容量も大きく大満足です。 ・一緒に旅行に行った人のスーツケースと比べて断然使いやすくで動かしやすかったです。

サムソナイト コスモライト スピナー55

軽量のスーツケースと言ったら必ず挙げられるスーツケースのブランドがサムソナイトです。軽量ながらその丈夫さはテレビ番組の「ほこたて」で特殊ロードローラーを使ってやっと潰せたぐらいの頑丈さを誇っています。(結果は負けでしたが・・・) その丈夫さはデザインからもわかるように、貝殻をモチーフにしていて力が加わってもへこみはするものの元に戻るという耐久性を兼ね備えています。トラックに轢かれても元通りに戻るぐらいの耐久性があります。 コスモライトはサイズ別に5種類ありますが、機内持ち込みができるのはスピナー55です。その重量はなんと1.7kg、容量は36Lとなっています。スーツケースの内部は3辺ジッパーで開閉するタイプと、クロスベルトによる収納になっていてコンパクトながら収納力は十分にあります。 優雅なシェル型デザインは人気も高く、限定カラーなどは入手困難なほど人気のスーツケースです。通販で並行輸入品だと比較的格安で手に入りますが、デパートなどだとちょっと高いですね。
・他のスーツケースにはない軽さなのでとにかく持ち運びが楽です。 ・機内持ち込み用に購入しました。軽くてとても持ち運びに便利です。 ・見た目のデザインもお洒落で1.7kgは女性にとっても扱いやすかったです。

トラベルハウス スーツケースSS

楽天市場で人気の機内持ち込みができるスーツケースブランドがトラベルハウスです。 特徴はなんと言っても「格安!」この一言に尽きるでしょう。 重量は2.77kg、容量は34Lと、ここまで紹介してきたスーツケースと比較すると、スペック面では落ちますが、価格は5000円以下なのでセレクトしてみました。価格は安いですが、1年間の無償修理保証も付いているのでこの価格で保証があれば旅の最中に修復不可能な破損がなければ十分かなという気もします。 サイズ展開は4種類ありますが、口コミを見てもやはり機内持ち込みできるSSサイズが人気なところを見ると、機内持ち込み用のサブのスーツケースとして購入している人が多い印象です。 できるだけ安く、機内持ち込みできるスーツケースを探している方におすすめです。
・2年半でタイヤが破損。でも価格が安いためまたリピート買いしました。 ・コインロッカーにも入るサイズでカラーバリエーションも豊富で買って良かったです。 ・値段の割に作りがしっかりしているので、この価格で買えるなんて驚きです。

アメリカンツーリスター アローナライト

先程紹介したサムソナイトのエントリーモデルとして販売されているのが、アメリカンツーリスターのスーツケースです。 その中でも機内持ち込みができる人気のモデルがアローナライトです。 重量は2.7kg、容量は32Lとなっています。 廉価版サムソナイトということで、コスパが高いのが特徴です。 最近では、このアローナライトも含めて、若者向けにお洒落なデザインのスーツケースがたくさん発売されているのでとても人気になっています。 格安のスーツケースは嬉しいけど、やっぱり耐久性が心配・・・という方におすすめです。キャスターも同価格帯のスーツケースと比べればきっとその動かしやすさに感動することでしょう。
・上品なデザインで、3日間連れまわしましたがキャスターもスムーズでストレスになりませんでした。 ・大きさも軽さも色あいも全てに満足でした。 ・見た目に安っぽさがなく、必要最低限の機能が詰まっていてシンプルで使いやすいと思います。

グリフィンランド PC7000 MINI

グリフィンランドは日本の格安スーツケースブランドとして人気ですね。 シンプルなデザインが多く、カラーバリエーションが豊富なので老若男女問わずに選ばれているスーツケースブランドです。 そんなグリフィンランドの機内持ち込み可能なスーツケースで人気なのが、「PC7000 MINI」になります。 PC7000シリーズにはもう一つ、機内持ち込みができるSSサイズもありますが、重量が3kgオーバーしてしまうので今回はMINIを紹介したいと思います。 PC7000 MINIの重量は2.9kg、容量は25Lとここまで紹介してきたスーツケースと比較するとちょっとスペックは劣ってしまいます。ただ価格は1万円以下で購入できるので楽天市場では人気のスーツケースです。 ここまで紹介してきたスーツケースと比較すると特にこれといって特筆すべき点はないのですが、口コミでの評価が高くリピーターが多い印象です。ハンドルにスマホスタンドが付いていたり、抗菌加工やハンガーフックなど機能性は充実している印象ですかね。日本製なので安心といった側面もあるかもしれませんね。
・軽いわけではありませんが、フレームがしっかりしていて丈夫そうです。 ・このタイプで安くてお洒落なスーツケースはあまりないので満足です。 ・miniサイズは小さいサイズのスーツケースを探している方にピッタリの小ささです。

航空会社の機内持ち込みに関する公式ページ

機内持ち込みできる軽量で丈夫なスーツケースを紹介してきましたが、 冒頭でも触れたように機内持ち込みのサイズに関する規定は各航空会社で 微妙に違ったりします。 そこで、主要な航空会社の機内持ち込みに関する公式ページをまとめてみたので、 スーツケースを購入する前の参考にしてくださいね。 >>ANA全日空「機内に持ち込み可能な手荷物の大きさサイズ」 >>JAL日本航空「機内に持ち込み可能なお手荷物」 >>エアアジア「機内持ち込み手荷物」 >>スターフライヤー「お手荷物の機内持ち込み」 >>ジェットスター「機内持ち込み手荷物」 >>バニラエア「機内持ち込み手荷物」 >>ピーチ・アビエーション「機内持ち込みの手荷物について」 >>香港エクスプレス「機内持ち込み手荷物」 >>スカイマーク「機内持ち込み手荷物」 >>AIR DO「機内持ち込み手荷物について」

スーツケースとキャリーケースの違いは?

ちょっとした豆知識ですが、スーツケースを探している時にキャリーケースが出てくることがありますがこの両者は「何が違うの?」と疑問に感じる方もいるでしょう。 実はスーツケースとキャリーケースに大きな違いはありません。 単純にスーツケースはビジネスに使うことが多く、スーツがシワにならないように持ち運びできるケースで、昔はキャスターがないスーツケースもあったのですが、現在ではほとんとのスーツケースにキャスターが付いています。 キャスターの付いていないスーツケースは探せばありますが、キャスターの付いていないキャリーケースはないといった感じでしょうか。 まあ後は、スーツケースはビジネスシーンで用いられることが多いので仕事の場合はスーツケース、普段の旅行の際はキャリーケースと呼び分けている人もいます。 とは言え、商品選びをする時はスーツケースで検索してもキャリーケースで検索しても同じような商品が出てくるので特に大きな問題にはならないでしょう。

さいごに

機内持ち込みができるスーツケースについて紹介してきましたがいかがでしたでしょうか? とにかくスーツケースは種類が多いのでどれを買うか迷ってしまいますよね。 まずは搭乗する航空会社の持ち込み可能なスーツケースのサイズを調べて、それから機能や予算などから絞っていくと見つかりやすいかなと思います。 特にデザインにこだわりがなければこの記事でも紹介したゼログラZER2008-46が個人的には一番おすすめの機内持ち込みができるスーツケースです。