ベビーゲートのワイドサイズで人気のタイプとサイズ別おすすめ商品
赤ちゃんがずりばいやハイハイを覚えると行動範囲が一気に広くなりますよね。さらに後追いも覚えるとキッチンや洗面所など、ありとあらゆるところに付いてきます。 しかし、赤ちゃんばかりに気を取られても家事が進まずストレスも溜まります。 そんな時におすすめなのが「ベビーゲート」です。 我が家でもハイハイを覚えた赤ちゃんが何度もテレビ台に向かってアタックを繰り返してやめなかったのでベビーゲートの購入を検討していました。 テレビ回りをガードするとなると幅広のベビーゲートが必要になります。 なのでベビーゲートと言っても色々な商品がありますが、今回はテレビ回りのガードやリビング・ダイニングの仕切りに使えるようなワイドサイズのベビーゲートで人気のタイプとおすすめ商品をピックアップしてみました。 ワイドタイプだとテレビ回りだけでなく、赤ちゃんを囲むようなサークルフェンスとしても使えるので便利ですよ。 ベビーゲート全体の人気ランキングはこちらからも見れます。

ベビーゲートのワイドサイズで人気のタイプは?

ベビーゲートには、ドアが付いている開閉タイプと跨ぐタイプがあります。ドアが付いているタイプは閉め忘れがあったりする点がデメリットで、跨ぐタイプは大人が通る時に毎回跨がなければいけないので大変です。 一般的には開閉タイプが人気になっていますが、ワイドサイズとなるとそんなに何度も行き来する場所に設置するケースは少ないと思います。例えば我が家のようにテレビ回りだと別にどっちでもいいかなと。 間口の広いキッチンにワイドタイプを使う場合は開閉タイプがおすすめです。では、ワイドサイズのベビーゲートで人気の商品を紹介していきましょう。

Caraz ベビーゲートパネル

まずは置くだけで簡単に使えるCaraz(カラズ)のベビーゲートです。 見ての通り、パネルを繋ぎ合わせることでフェンスとして使えるので設置場所に合わせて形も自由自在に変えて使用することができます。 パネルを買い足せば長さもいくらでも調節可能なので広範囲のカバーも可能。もちろん赤ちゃんを囲ってベビーサークルとしても活用できます。このように使い勝手が良いのが一番のおすすめポイントですね。 開閉式のゲートは別売りなので注意してくださいね。 デメリットとしては軽いのでゲートとして使うと割と簡単に動かせてしまうこと、1歳過ぎてくるとよじ登れてしまう点、作りに対して値段が少し高い点があります。
・軽いので女性一人でも簡単に組み立てができます。割と薄い作りなので部屋においても圧迫感を感じないですし、色も可愛らしい色で部屋にマッチしています。色々な形に仕切れて、広いスペースも確保できるので子供もサークルの中にいても割とご機嫌です。・9ヶ月頃から問題なく使い続けていましたが、1歳1ヶ月でよじ登って脱出できるようになってしまいました。もうちょっと長く使えると思って購入したのでその点が少し残念です。

日本育児 スーパーワイドゲート

こちらもワイドサイズのベビーゲートとしては定番商品です。 対応する取り付け幅は178cm~370cmとなります。 これだけワイドなベビーゲートはなかなかないので取り付け幅のサイズだけで日本育児のスーパーワイドゲートを使っている人もいます。真っ直ぐはもちろん、形を変えたりサークルとしても使えます。 通販サイトによっては230cm~256cmは取り付け不可となっていますが、販売会社に確認をしたところ、角度をつければ上記の幅でも取り付け可能になっています。 デメリットとしてはこの商品は木ネジで固定する商品になっています。 壁に穴を開けずに設置できる別売りの「どこでもポール」や、DIYではお馴染みの「ディアウォール」という商品があれば壁に穴を開けずに設置も可能ではありますが、賃貸や新居で穴を開けたくないと考えている方は上記のグッズも同時に購入するのがおすすめです。
・リビングを仕切りたかったですが、ここまでワイドなベビーゲートはほとんどないので助かりました。ネジ固定している部分は動きませんが、扉とゲートの部分は多少動きますが階段上などで使用しなければ特に問題はないレベルです。 ・設置したい場所の幅に対応しているワイドなベビーゲートがこれしかなかったので壁に穴を開けることを承知で購入しましたが、できれば壁に穴を開けずに使えるようになると100点満点の商品だと思います。

日本育児 とおせんぼ XLサイズ

こちらは伸縮ポールで取り付けるタイプのベビーゲートで開閉ではなく跨ぐタイプですね。190cm~270cmの取り付け幅に対応しているワイドタイプのベビーゲートになります。 伸縮ポールで取り付けるので設置も簡単で、ある程度下に隙間を作れるので例えばルンバみたいなロボット掃除機をベビーゲートの下から通したい方におすすめです。 また最大幅は270cmとなっていますが、ラックなど家具の配置を工夫したりすれば最大幅以上の広い間口でも使うことはできると思います。 デメリットは直線的な配置しかできない点と跨ぐのがちょっと面倒なところですね。我が家の実家ではこのタイプのベビーゲートを使っています。あと最長で使うとサイドのネット部分が若干足りなくて頑張れば横から通り抜けられます(笑)
・設置できる幅が広いワイドタイプの商品の中では1万円程度で買えるのでありがたいです。ゲートとしての強度も突っ張り棒がきちんと固定されるので今のところ全く問題なしです。 ・私の身長が低いのもありますが、自分で跨ぐのが結構大変です。子供を抱っこしながらだと尚更。ベビーゲートとしての機能には十分満足しています。

こんな記事もついでに読まれています

ずりばいやハイハイができるようになると離乳食が始まっている頃だと思います。その時期に気になるもう一つのことがオムツの臭いです。 この頃の赤ちゃんのう○ちは大人顔負けの臭いを発することがありますからね。そんな時でもBOSの防臭袋があればゴミ箱を開けた時のあの一瞬の嫌な臭いも気になりません。 >>BOSの防臭袋は赤ちゃんのオムツの処理におすすめ!安いのはどこ?

さいごに

幅の狭いベビーゲートだと種類があるのですが、広い間口に使えるワイドタイプのベビーゲートだと結構数も限られてくるんですよね。 ネットで調べてみるとワイドなベビーゲートの場合は突っ張り棒などを使って自分で自作する人も多いみたいです。確かに突っ張り棒と布さえ買って来れば数千円でできてしまいますからね。 ちなみに突っ張り棒ならニトリの突っ張り棒が結構強力で3m弱まで対応しているのでおすすめです。 ベビーゲート全体の人気ランキングはこちらからも見れます。