知っ得!買っ得!

知っていると得をするような情報や買って得するアイテムについてレビューなどを交えて紹介しています。

アイテム

ハンドソープの泡が自動で出てくる自動ディスペンサーの人気商品まとめ

投稿日:

これからインフルエンザや溶連菌などが流行する冬場に向けて手洗いは欠かせません。手洗いをする時に触れるのでハンドソープのディスペンサーって結構汚くなりがちです。

我が家でも詰め替えて使っていましたが、1ヶ月もするとポンプ部分が汚れてきます。「衛生的に手洗いを!」と突き詰めていくと出てくるのが自動ディスペンサーです。センサー付きディスペンサーとも言われていますが、手をかざすと自動的にハンドソープの泡が出てくるタイプのディスペンサーですね。

この記事ではそんなハンドソープの自動ディスペンサーのおすすめの選び方や人気商品の特徴をまとめてみたので購入前の参考にしてくださいね。

ハンドソープの泡が自動で出てくるディスペンサーの選び方

今結構ハンドソープの自動ディスペンサーが人気になっているので海外製も含めて色々なタイプの自動ディスペンサーが販売されています。

値段も1000円程度で買えるものから20000円近くするものまでピンキリです。そこで、まずはハンドソープの自動ディスペンサーのおすすめの選び方を紹介しましょう。

電池回りの防水性はイコール耐久性!

ハンドソープの自動ディスペンサーを選ぶ際に一番重視したいのが防水性です。なぜなら、海外製や高額なディスペンサーも含めて低評価なレビューが目立つディスペンサーのほとんどが「水が浸入してすぐに壊れてしまった」という理由です。

つまりそれだけ防水性は大事なのですが、残念ながら完全防水の自動ディスペンサーは今のところありません。とは言え、できる限り防水性の高そうな商品を選ぶのは大事なポイントになります。

ディスペンサーによっては浴室など水気の多い場所での使用は避けるように注意書きが書かれていますが、使用する上でなるべく水が中に侵入しないように気を付けることも重要です。

ソープの泡の量が自動で調節できる

ハンドソープの自動ディスペンサーには、ハンドソープが液体で出てくるタイプと泡で出てくるタイプの2種類があります。

(この記事では個人的な趣向から泡で出てくるタイプの自動ディスペンサーだけを人気商品としてピックアップしています。)

また、泡タイプの自動ディスペンサーでも泡の量が調節できるタイプと毎回決まった量の泡しか出ないタイプがあります。できることなら泡の量が調節できたほうが使い勝手がいいでしょう。

忘れちゃいけない詰め替え用のコスパ

自動ディスペンサーには、専用の詰め替え用ソープを使わなければいけない商品と、そうは言っても他社の泡ハンドソープ用の詰め替えなら何でも使える商品があります。

コスパを考えると、詰め替え用の泡ハンドソープならなんでも使える自動ディスペンサーのほうが将来的にはおすすめです。

専用の詰め替え用しか使えないタイプは、詰め替え用の値段も考慮してから購入しましょう。

ハンドドープディスペンサーのおすすめ&人気商品

では、ハンドソープの泡が自動で出てくるディスペンサーの人気商品やおすすめ商品を3つピックアップしてみたので参考にしてくださいね。

前述したように全て「泡で出る」タイプの自動ディスペンサーになります。

ドラえもんデザインが人気!ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ


まず最初に紹介するのがミューズの「ノータッチ泡ハンドソープ」です。
防水性に関しては電池部分のフタは丸みを帯びていて、中の電池回りもゴムパッキンで密閉されているので値段の割には防水性は高いと思います。

また本体価格も他のハンドソープ自動ディスペンサーと比較すると安いです。
ドラえもんデザインのディスペンサーも発売されているので子供達の手洗いの動機付けとしてもおすすめです。

欠点を言うと、詰め替え用が高いです。1個250ml約500円。
(中の容器だけ使い回して液体だけ詰め替えることは可能ですが・・・)

後は若干毎回出る泡の量が安定しないぐらいで、コンパクトで持ち運びも可能。値段も自動ディスペンサーとしてはリーズナブルなのでおすすめです。

ドラえもんデザインはコチラ。

おしゃれさ重視!サラヤ フォーム2.0


おしゃれさ重視の方におすすめなのがサラヤの「エレフォーム2.0」です。シンプルでおしゃれなデザインが人気の自動ディスペンサーです。

おしゃれなフォルムですが、手の平にしっかりと泡を取れるなど使いやすいデザインとも言えます。出てくる泡の量は調節できませんが、きめ細かい泡が出てきます。

詰め替え用の泡ハンドソープは「ウォシュボンSフォーム」というメーカー指定のハンドソープがあり、そこまで高い詰め替え用ではありませんが他の泡ハンドソープが使えるのでそんなに問題ではありません。

マイナス面に目を向けるとレビューを見ると防水性に若干の不安があるので置き場所や使い方には少し注意しなければいけない点と、泡が出る時のモーター音が気になる人もいるようです。ただAmazonでのレビュー評価は星4つなので全体的には評価の高い自動ディスペンサーと言えるでしょう。

壁掛けもできる!Lantooオートソープディスペンサー


壁掛けできる自動ディスペンサーを探している方におすすめなのがLantooのオートソープディスペンサーです。ちなみに壁掛けは付属の3M両面テープorネジのどちらかで取り付けが可能です。

壁掛けができることで設置場所を選ばず、キッチン・洗面所・バスルーム・トイレなどあらゆるところでの使用が考えられます。電池の設置場所も機械の上部になるので多少の水ハネなら大丈夫でしょう。

泡の量も0.6mlと1.2mlで2段階調節ができ、詰め替え用の指定もなく市販の泡ハンドソープが使えます。ちなみに市販の液体ハンドソープも希釈させて使用できます。

マイナス面に目を向けると、自動ディスペンサーの中でも値段はリーズナブルな部類ですが、若干デザインや質感がチープに見える点と、電池は背面の上部に付いているので水は入りにくいですが、万が一倒してしまった場合などは電池部分に結構隙間があるので一つのアクシデントでダメになってしまう可能性はありそうです。

とは言えこちらもAmazonのレビュー評価が高く人気の商品には間違いありません。

こんな記事もついでに読まれています

乾燥する寒い時期が近づいてくると気になるのが「静電気」。
本当に昔から静電気だけは苦手なんですよね。

そこで、手軽に静電気対策ができる静電気除去ブレスレットについて通販の口コミと効果のある商品について調べてみたので静電気嫌いの方はコチラの記事も参考にしてみてくださいね。

CHECK!>>静電気除去ブレスレットで効果あるのはどれ?通販の口コミを調査!

さいごに

今回紹介した3つのハンドソープディスペンサーは通販でのレビュー評価も高いのでどれを買っても大きく失敗することはないでしょう。

今回は泡が自動で出るタイプに注目して紹介しましたが、液体で出てくるタイプの自動ディスペンサーのほうが種類も多く値段もピンキリですね。液体で出るタイプはよくホテルに設置してあるようなシャンプーやリンスなどが入っている壁掛けタイプもあるので選択肢がさらに広がる感じです。

液体タイプのディスペンサーを選ぶ際にもやはり防水性が一番大事で2万円近くする海外製の某人気ディスペンサーも結構レビューでは低評価が目立ちますからね。

アドセンス




アドセンス




-アイテム

執筆者:

関連記事

ダチョウ抗体マスクの販売店@どこで買える?価格はどこが安い?

インフルエンザもようやく落ち着いたと思ったら花粉の季節。 冬場から春先にかけてはマスクが手放せない季節ですよね。   そんなマスクの中でも数年前から注目が集めているのがダチョウ抗体マスクです …

入園・入学準備にあると便利な名前付けスタンプ・シールのおすすめ特集

入園・入学準備が近づくと揃えなければいけないものがたくさんあります。 何が必要になるのか?を調べながら揃えるだけでも一苦労ですが、さらに大変になるのが持ち物全てに行う名前書きです。   ただ …

保温・保冷ができるサーモスのタンブラー!違いや口コミをチェック

キンキンに冷えたビールがぬるくならずに味も薄まらない。 アツアツの飲み物を入れても外側が熱くならない。 そんな特徴を持つサーモスの真空断熱タンブラーが今人気ですね。通販では名入れができるショップも多く …

ダイソンのコードレスクリーナーを充電したまま収納できるスタンドまとめ

数年前からダイソンのコードレス掃除機を使っています。 ダイソン自体にも充電したまま壁に取り付けられる壁掛けブラケットがありますが、壁に穴を開けないと設置ができないので賃貸だと壁に取り付けできないんです …

ファルスカスクロールチェアのレビュー@組み立て方は難しい?

赤ちゃんの出産準備で色々揃えたのですが、その中の一つがファルスカのスクロールチェアでした。 バウンサーとしても、ハイチェアとしても、ダイニングチェアとしても使えるし、お洒落でインテリアとも合いそうなの …

スポンサードリンク

スポンサードリンク