知っ得!買っ得!

知っていると得をするような情報や買って得するアイテムについてレビューなどを交えて紹介しています。

家電

仮想通貨をハッキングから守る保管方法@ハードウェアウォレットのおすすめ

投稿日:2018年1月30日 更新日:

仮想通貨の大手取引所であるコインチェックが不正アクセスによって日本円で換算すると580億円ものNEMが流出してしまいましたね。

 

私はコインチェックを使っていなかったので良かったものの、この事件が起きてから他人事とは思えなくなりセキュリティー対策について考えさせられました。今回のような大きな事件でなくても仮想通貨がハッキングされた被害にあっている方や、気が付いたらなくなってしまったという方はネットで調べるだけでも結構います。

ハッキングと言われてもどこか他人事のようで「自分は大丈夫だろう」と思っていましたが、今回のコインチェックの事件で何があってもおかしくない!と気持ちが完全に切り替わりました。

 

そこで、今回の記事では仮想通貨をハッキングから守るための保管方法としてハードウェアウォレットのおすすめ商品やその仕組みなどについて紹介したいと思います。基本的には自分が長期保有しているコインに対応しているハードウェアウォレットを選びます。

ハードウェアウォレットのおすすめ商品

ハードウェアウォレットは簡単に言えばハッキングから仮想通貨を守るデバイスです。ビットコインやイーサリアム、その他の仮想通貨(暗号通過)は取引所にそのままに保管しておくとハッキングの被害に遭ってしまうリスクがあります。

 

ハードウェアウォレットがあればネットから遮断された場所に仮想通貨を保管できるので自分の保有する仮想通貨を守るためには今後必須となる保管方法と言えるでしょう。

 

ハードウェアウォレットでおすすめなのは「Ledger(レジャー)」「TREZOR(トレザー)」「Keepkey(キープキー)」の3つで特徴こそ違いますが多くの仮想通貨保有者が利用しているハードウェアウォレットです。

 

そこで、今回はこの3つのハードウェアウォレットのおすすめの特徴を紹介したいと思います。

おすすめのハードウェアウォレット「Ledger(レジャー)」

Ledger(レジャー) Nano Sの特徴について

Ledger(レジャー)はフランスの会社が製造しているハードウェアウォレットです。
ビットコイン、イーサリアム、ドッジコイン、ダッシュ、ライトコイン、リップルなど約25種類の暗号通貨にいち早く対応しているのがLedger(レジャー) Nano Sです。保管の仕方は「Ledger Wallet」のアプリから自分が保管したい仮想通貨を選んでインストールするだけですが、Ledger(レジャー) Nano Sの場合は一度に保管できる仮想通貨のアプリは4つから5つまでとなっているのでLedger(レジャー) Nano Sで対応している仮想通貨を1台にインストールして保管したい場合はLedger Blueがおすすめです。
もしくは多少面倒ですがアプリのインストールとアンインストールを繰り返せば対応している仮想通貨を保管できます。他のハードウェアウォレットと比較して対応通貨も多く値段も安いです。

CHECK!>>Ledgerハードウェアウォレット最安値は?【楽天】

おすすめのハードウェアウォレット「TREZOR(トレザー)」

TREZOR(トレザー)の特徴について

TREZORのハードウェアウォレットもビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムなど対応通貨は多いですが、Ledgerと比較すると今回の事件で話題になったネムやモナコインに対応していますが、リップルには対応していないのが特徴です。また、使い勝手がよく、ハードウェアウォレットについてあまりよくわかっていない人でも直感的に操作できる点が初心者の人の間でも人気になっています。

CHECK!>>TREZORハードウェアウォレット最安値は?【楽天】

おすすめのハードウェアウォレット「Keepkey(キープキー)」

Keepkey(キープキー)の特徴について

Keepkeyはアメリカ発のハードウェアウォレットで非常にシンプルな作りとなっています。
初期はビットコインしか対応していませんでした。現在は対応通貨も増えていますが上記の2つと比較すると特に対応通貨の数では特筆すべき点はありません。

どちらかというとスタイリッシュで視認性の良い画面が人気ですね。

CHECK!>>Keepkeyハードウェアウォレット最安値は?【楽天】

さいごに

今回は仮想通貨を守る保管方法「ハードウェアウォレット」について調べてみました。

 

選び方としてはまず自分が保有する仮想通貨に対応しているか?が一番大事ですが、すべての保有通貨を一つのハードウェアウォレットで管理するのは難しいので、複数の仮想通貨を保有している方はハードウェアウォレット自体を使い分けたり、2つ持ったりしている方が多いようです。

 

また、購入場所ですが個人的に最近のAmazonは中国業者が横行している感じがするのでメーカーの直販サイトが日本での正規代理店が販売している商品の購入をおすすめします。

アドセンス




アドセンス




-家電
-,

執筆者:

関連記事

3LDKのルーター選び!バッファローWHR-1166DHP4は遅い?使ってみたレビュー

3LDKのマンションに引越しをしてこれまでは以前使っていた無線ルーターを使っていたのですが、さすがに部屋のサイズに合わなくなっていると感じたので新たに3LDKでも使える無線ルーターを探していました。 …

コロナの人気除湿機CD-P63AとCD-P6317・CD-P6318・CD-P6319の違いまとめ

梅雨時など、部屋干しする機会が多い時にあると便利なのが除湿機。 そんな除湿機の中でもコロナの除湿機はコスパが高く、楽天やAmazonのランキングでもこの時期は常に上位に来ているぐらい人気があります。 …

MAXZEN(マクスゼン)J32SK03対応の外付けHDDをまとめてみた

MAXZEN(マクスゼン)のテレビはコスパが高く、保証も1000日保証が付いていたりするので通販サイトでも人気になっていますね。 その中でも手頃なサイズで売れているのがJ32SK03です。 ただ、人気 …

ロジクールM705mのレビュー【最高に使いにくいと勘違いしていた件】

ロジクールのマラソンマウスM705mを買ってみました。 最初は「ちょっと高い割にはもの凄い使いづらいな~」なんて思っていましたが、その原因がわかって普通に使えるようになったのでレビューしておきたいと思 …

360度カメラでiPhoneと連携できるおすすめの厳選3機種を比較!

今フェイスブックやインスタグラムで360度写真が動画が流行っていますね。 そんな360度写真や動画を撮影できるのが、「360度カメラ」や「全方位カメラ」と呼ばれるものです。 実は結構昔からあるのですが …

スポンサードリンク

スポンサードリンク