知っ得!買っ得!

知っていると得をするような情報や買って得するアイテムについてレビューなどを交えて紹介しています。

アイテム

ムーンムーンのDr.Wing(ドクターウィング)枕を使ってみた【口コミ・評判まとめ】

投稿日:

朝起きたら首筋から肩にかけて重いような感じがして、疲れが取れてないな~といった悩みはありませんか?

もしかしたらその肩こりの原因は枕にあるかもしれません。
今使っている枕が頭や身体のラインにフィットしていないと、首から肩にかけて負担がかかってしまい、肩こりや睡眠不足の原因となってしまう可能性があります。

今回はムーンムーン株式会社が販売している肩こり専用の枕であるDr.Wing(ドクターウィング)の特徴や使い心地などを紹介します。

睡眠で悩む人を救いたい!と強い思いを持って設立された会社が作る、肩こり専用の枕が一体どのような商品なのか?詳しく知りたい方は参考にしてください。

Dr.Wing(ドクターウィング)とは?

Dr.Wing(ドクターウィング)は、高すぎず、低すぎず、枕をちょうどいい高さに簡単に調整することで、身体の重心を安定させ重い頭による首や肩への負担を減らして負荷を感じないように支えることができる肩こり専用の枕になっています。

自分の身体のラインにあった枕を使うことで快適な睡眠をサポートしてくれます。

Dr.Wing(ドクターウィング)の特徴

まずは、そんなDr.Wing(ドクターウィング)の特徴と、肩こり専用枕として人気の理由を紹介していきましょう。

Dr.Wingの特徴は3点あります。

①頭・首・肩をゆったりとサポート
②2種類の素材を使って心地よく身体を支えてくれる
③寝返りがしやすい設計

それでは一つ一つ詳しく解説していきましょう。

頭・首・肩をゆったりとサポート

肩こり専用の枕は、一般的な枕のような形をしていません。
Dr.Wingも見てわかる通り、独自の形状をしていて肩から首を最大限にサポートできるようになっています。

普通の枕は、頭が支えられてはいますが、肩が下がることで重心が曲がり首に負担がかかりますがDr.Wingは頭・首・肩がちゃんとサポートされていてフィット感が抜群です。

肩の部分は両サイドの出っ張り(これがウィング?)の緩やかな傾斜に乗っかって、首にフィットする部分は少し盛り上がっていて首をしっかりと支えます。

枕の高さは首の骨がS字カーブになるのが理想と言われていますが、首下にしっかり枕があるので普通にS字カーブになります。

言葉で詳細を説明するのがちょっと難しいですね(笑)

2種類の素材を使って心地よく身体を支えてくれる

枕は柔らかすぎても、硬すぎてもダメ!
人間の頭の重さは大体5kgぐらいですが、この頭をしっかりと支えるためにはある程度の硬さも必要になってきます。

Dr.Wingはどちらかと言えば頭が沈み込みすぎない、支えるタイプの枕です。
素材は低反発ウレタンに備長炭パイプが使われていて、首から頭の下の部分には比較的柔らかい備長炭パイプが来るようになっていて肩の部分は低反発ウレタンでしっかりとサポートされます。

寝返りがしやすい設計

Dr.Wingは見てわかる通りの形状で、横向きに寝てもしっかりと低反発ウレタンがフィットするので仰向けでも横向きでも寝やすい枕です。

この辺は、唯一の横向き専用枕を販売しているムーンムーン株式会社の強いこだわりを感じますね。

睡眠の質の改善には横向き寝がいいと言われていますが、Dr.Wingは仰向けにも横向きにも対応できるユーティリティーな枕となっています。

Dr.Wing(ドクターウィング)を実際に使ってみた口コミ


一点気になったのは、Dr.Wingの開発者が女性で、「女性が仰向けで寝た時にちょうどいい高さ」になるようにこだわって作ったというホームページの言葉でした。

男の自分が使っても大丈夫かな?とも思いましたが、我が家は奥さんも肩こりに悩まされているので最悪自分に合わなかったら奥さんにあげればいいや!と思って使ってみることにしました。

では、実際にDr.Wingを使ってみて感じたメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。

メリット①高さ調節が簡単にできる

Dr.Wingは先程も触れたように低反発ウレタンと備長炭パイプの2つの素材でできていますが、いわゆる枕の高さになる首から後頭部にかけての部分に備長炭パイプが来ていてこの備長炭パイプを端に寄せたり、集めたりすることで枕の高さを調節できるようになっています。

メリット②肩や首に負担がかからない

自分自身、今までは長方形の普通の枕しか使ったことがないのでDr.Wingのような独特な形の枕は使ったことがなかったのですが両肩が枕の左右の緩やかな傾斜に乗っかることで普通の枕よりも頭から背中にかけてが一直線になる感覚があって、それによって負荷が軽減しているように感じました。

おそらくこれが肩こり専用枕と言われる所以かなと。

メリット③横向きに寝てもOK

Dr.Wingの特徴としても挙げましたが、特殊な形状ながら横向きに寝てもしっくりきます。
というか、奥さんに関しては横向きのほうが身体にピッタリとハマって仰向けで寝るよりも良いと言っていいました。

横向きで寝ると、Dr.Wingの真ん中の何もない位置に肩がきます。
普通横向きで寝ると肩の高さ分、首が曲がって重心がずれますが横向きに寝ても頭のてっぺんから首~背中にかけて一直線の姿勢が保てます。

メリット④清潔に使える

この年になると枕の加齢臭とか気になってくるのですが、備長炭パイプが使われているからか普通の枕を使っていた時に気になっていた臭いを感じなくなりました。

ただ、これはまだ使い始めて2週間程度で、今まで使っていた枕は少なくとも数年間の蓄積されてきた臭いもあると思うので、まだまだこれから使い続けてみないことには断定的なことは言えませんが、枕カバーもそのまま外して洗えるので清潔に保てると思います。

デメリット①どちらかと言えば高い&硬い

硬すぎず、柔らかすぎずが特徴のDr.Wingですが、どちらかと言えば硬めだと思います。
デメリットというよりかは、好みの問題だと思うのですが、「柔らかい枕」や「ペチャンコの枕」、「普段枕は使わない」という人は、Dr.Wingを購入しても、硬い・高いと感じるかと思います。

ただ硬さに関しては、口コミやレビューを見ていると「使っていると慣れる」といった意見もありました。

ちなみに別の意味で値段の高さもありますかね。

自分の場合は、朝起きた時の肩こりや首の凝りがなくなって、ぐっすり眠れるなら値段の価値は十分にあると思って購入しましたが、そもそもこれまで1万円以上の枕を買ったことがなかったので値段を見た時は「結構するね~」と思いました。

Dr.Wing(ドクターウィング)を最安値で買う方法


Dr.Wing(ドクターウィング)は楽天市場やAmazonで購入できます。
自分の場合は楽天市場で購入したのですが、キャンペーンなどが行われていない限りはムーンムーン株式会社の公式サイトが13435円(税込)で最安値となっています。

CHECK!Dr.Wing(ドクターウィング)の公式通販サイトはコチラ

ただ、公式通販サイトも含めて楽天市場やアマゾンで、期間限定のクーポンが発行されているケースがあります。

例えば、2019年11月15日現在で言うと、

・楽天市場 2000円OFFクーポン(11月21日まで)=11985円
・Amazon  20%OFFクーポン=11188円

Amazonが最も最安値で購入できるサイトとなっています。
以前は公式サイトで増税前キャンペーンでクーポンが発行されていたこともあったので、Dr.Wingの最安値に関してはその都度、公式・楽天・Amazonをチェックしてキャンペーンやクーポン情報をチェックしてから購入するのがおすすめです。

Dr.Wing(ドクターウィング)のお試しや返品について


Dr.Wingはネット通販限定のアイテムです。
そのため、基本的に実店舗でお試ししてからの購入ができないのですが、ムーンムーン株式会社の熊本にあるショールームでは、Dr.Wingを始めとしたムーンムーン株式会社の商品のお試しが可能です。

睡眠改善インストラクターの睡眠相談も無料で行ってくれるので熊本市の近くに住んでいる方は購入前に一度ショールームに行ってみるのもいいかもしれませんね。

それ以外の方法でお試しは行っていません。
届いた商品に不具合などがあった場合は修理や新品との交換が可能です。

こんな記事もついでに読まれています

注目!>>【ポチ不可避】大絶賛の口コミ多数!Amazonのおすすめ最強家電

注目!>>エアウィーヴの最安値!楽天のポイント10倍やふるさと納税がおすすめ

注目!>>首の温めグッズにおすすめ!マイトレックスEMSヒートネックの口コミ評判

さいごに

使い始めて2週間ぐらい経つのですが、その間一度だけ奥さんがDr.Wingを使ってみたいということで貸してあげて以前使っていた枕で寝たのですが、次の日盛大に寝違えてしまいました(笑)

多分Dr.Wingに慣れ過ぎたからだと思いますが、きっともう普通の枕には戻れません。

反対に奥さんは、横向きの時はいいけど仰向けだとちょっと高すぎると言っていたので人によって合う・合わないはあると思いますが、肩こりや首の凝りに悩まされている方は一度試してみてはいかがでしょうか?

アドセンス




アドセンス




-アイテム
-

執筆者:

スポンサードリンク

スポンサードリンク